秋のお酒・湖洞搬出作業「白馬錦・薄井商店」

b0140235_23163111.jpg


秋の風を感じるようになると、夏越しのお酒「ひやおろし」のシーズンです。
白馬錦・薄井商店さんでは、北アルプスの麓のダム湖の湖洞で「特別純米酒・ひやおろし」を貯蔵されています。

b0140235_23192676.jpg


今日は朝早くから、松浦杜氏さん始め、蔵人さん皆さんが総出で搬出作業をされました。

b0140235_2320587.jpg


b0140235_23223515.jpg


b0140235_23225027.jpg


今日の大町市内は結構暑かったのですが、湖洞内は14℃程でした。
こちらの湖胴で生貯蔵されていました。

b0140235_23245869.jpg


松浦杜氏様がテキパキと荷台に積み込まれます。

b0140235_23263834.jpg


そしてトンネルの外で待機されてるトラックに手早く積み込まれます。

b0140235_23273693.jpg


生貯蔵ですから急がないといけません。
皆様とっても手早い作業でした。

b0140235_23284024.jpg


「白馬錦特別純米酒ひやおろし」は9月9日発売です。
呑みあるき当日にはもちろん出していただけるようです。

b0140235_23301283.jpg


松浦杜氏さんも嬉しそうです。
この笑顔がお酒の味わいを物語ってるようですね!

b0140235_23312861.jpg


実はこの作業、カモシカさんも見守ってくれていたようです。
発売開始まで今しばらくお待ち下さいませ。

【ひやおろし】

日本酒は通常、貯蔵前と瓶詰め前の2回の火入れ(加熱殺菌)を行いますが、ひやおろしの場合は貯蔵前に1度だけ火入れを行い、出荷時は火入れを行いません。生(ひや)で瓶詰めをすること、また秋から冬の冷える季節に出荷されることから「ひやおろし」と呼ばれています。

by nomiaruki | 2009-08-26 23:35 | 蔵元情報  

<< 実行委員会「具体的な決めごと③」 人気の利き猪口袋! >>