郷土食「粕もみ」

b0140235_23203042.jpg


「北安大國」さんより「特撰大吟醸粕」が発売されました。
こちらは「粕もみ用」の粕で、この時期になりますと、大町の方々は畑をされてる方が多く、ご家庭用のキュウリがどんどん大きくなります。信州と言いましても夏は暑く、食欲が落ちるこの時期には、冷たくひやした粕もみは、皆さん大好きだと思います。

b0140235_232919100.jpg


薄くスライスしたキュウリを軽く塩もみし、お好みで砂糖を加えた吟醸粕で和えるだけです。
とっても美味しい「キュウリの粕もみ」は、信州の郷土食と言えるでしょう。
通常管理人は少し彩りで人参を入れるのですが、やはりそれはよそ者だと・・・
でも意外と美味しいんです。
信濃大町の夏の食卓を代表する一品です。
もちろん大町のお酒との相性はピッタリです(*^^)v

by nomiaruki | 2010-07-08 23:32 | 蔵元情報  

<< 北安大國さんの漬け粕袋詰め スケボーが授業に!「アルトムー... >>