カテゴリ:呑みあるきの見どころ( 22 )

 

15時・感動の乾杯!


【動画】
b0140235_18392528.jpg

b0140235_18432176.jpg

北アルプス三蔵呑み歩きにご参加いただきましたお客様、本当にありがとうございました。
当店は予定通り14時より当店企画「大炭焼きコンロ&干物の即売」を開始でき、15時の乾杯には、はるばる上諏訪より「酒ぬのや本金酒造」様ファミリーがご来店いただき、夢じゃないかと感動いたしました!
お客様方も驚かれたご様子で、杜氏であります旦那様が見守られる中、若奥様のちとせちゃんが乾杯の音頭をとっていただきました。
「本金純米大吟醸おりがらみ」、旨味の凝縮感が凄かったです。
10月1日は上諏訪の呑み歩き行くからね〜、ありがとう。
そして当店は開催終了まで店内・店頭共に大パニックとなりました。

by nomiaruki | 2016-09-04 18:43 | 呑みあるきの見どころ  

当店二蔵呑み歩き!

b0140235_17422941.jpg

今年も当店店内では二つのお蔵様が試飲販売に来て下さいます。
お隣の池田町より「大雪渓・大雪渓酒造」様、営業の松野様は大町の方で、とっても楽しいお話が出来ると思います。
もうひと蔵は、中野市より「もち酒」が特長の「勢正宗・丸世酒造店」様、後継ぎ息子様がご来店下さいます。
店内はワンワンとしていますが、是非お蔵様との会話をお楽しみ下さいませ。

by nomiaruki | 2016-08-14 17:46 | 呑みあるきの見どころ  

ご家族でフリマもいかがですか~?

b0140235_11265122.jpg

昨年の呑み歩き時にご縁のありました「フリマーケット」のママさん方、今年も「HAPPYフリーマーケット」と名付けられ、呑み歩き当日昨年と同じ場所で頑張っていただける事になりました。
昔から大町の呑み歩きは、ベビーカーでまわられるご家族のご参加が非常に多く、こういった試みは本当にありがたいものですね!あとはテルテル坊主君に頑張ってもらわないとね~
また出品されるものもご案内できたらな~

by nomiaruki | 2016-07-31 17:30 | 呑みあるきの見どころ  

大町の美味しいお水

b0140235_23345567.jpg


夏空にはえる「JR信濃大町駅」です。今日はうだるような暑さで、信州とは思えないような一日でした。それでも最近観光のお客様が、パンフレットを片手に町なかを散策されてる姿を良く見かけます。ありがたいことだと思います。

b0140235_23391848.jpg


駅から本通商店街を北へ歩いて行くと、呑みあるき会場の大町三つの蔵元さんがあります。
その途中にはこのような水飲み場が何ヶ所かあるんです。
今日のような暑い日にはちょっと蛇口をひねっていただきますと、美味しいお水がいっぱい出てきます。
こちらは「いーずら大町特産館」さんです。

b0140235_23535461.jpg


b0140235_23423956.jpg


こちらは下仲町の「塩入家具」さんの前の「女清水」です。

b0140235_23441575.jpg


塩入家具さんの向かいの「創舎わちがい」さんの「男清水」です。
このほか市内各所に水飲み場がありますので、呑みあるき当日にはぜひお楽しみ下さい。

呑みあるき当日には、こちらのお水を「和らぎ水」としてご利用下されば幸いです。
●「和らぎ水」とは、日本酒を飲みながら飲む水のこと。
合間に水を飲めば、気分スッキリ、深酔いしません。
酔いをやわらげる水、だから「和らぎ水」。

●「和らぎ水」はカラダにやさしい飲み方です。
水を飲むことで、お酒のアルコール分がさがり、酔いの速度がゆっくりと緩やかになります。
また、お水でひと呼吸置くので、飲み過ぎない点もうれしいですね。

by nomiaruki | 2010-07-20 23:52 | 呑みあるきの見どころ  

楽しみなミョウガの新芽「北安大國」

b0140235_1371144.jpg

b0140235_1372235.jpg


「北安大國」さんのお庭でミョウガの新芽が出始めました。
毎年このミョウガで粕漬けや甘酢漬けにしていただき、呑みあるき当日にはご参加のお客様にお出しされています。

b0140235_1405555.jpg

もみいつもお漬物を作って下さる西澤さん、普段は瓶詰やラベル貼り等で忙しくされてますが、合間をぬってもみ殻を撒かれたり、雑草を抜かれたり、一生懸命に育てていただいてます。
今年はどんなお漬物にしていただけるのでしょうね!

by nomiaruki | 2010-06-01 01:45 | 呑みあるきの見どころ  

前日の町の様子

b0140235_1985755.jpg


すごいでしょう!青竹から水が出てるんです。
御協力店さんでもあり、今年から「北安曇小売酒販組合」のパイプ役を引きうけて下さってる「一木宮坂商店」さんです。大町は明日明後日が竈神社のお祭りなので、佐久鯉を捌かれる様子を見させていただくために来たのですが、先にこの仕掛けに驚いちゃいました。
呑みあるき当日は水道の蛇口があるので「やわらぎ水」として御案内しているのですが、一木さんの御主人さんがこんなに楽しい事を考えて下さいました。
「超~感激です!」そして画像には出せないのですが、とっても面白いところからススキが生えてるんです。
是非是非見に来て下さいね。大爆笑ですから・・・

b0140235_1992284.jpg


お店の店頭も、このようにディスプレイされると、とっても雰囲気が変わりますね。写真で見ると本当によくわかるものです。

b0140235_19191332.jpg


今日メインの佐久鯉はきちんと水槽に泳いでいます。日焼けしないようにってヒバの葉っぱがかけられていましたが、魚も日焼けするのでしょうか(笑)
信州の人はお祭りには鯉だそうです。スーパーにも出ていますよ。

b0140235_19212272.jpg


水槽は三段にされ、凄い迫力です。

b0140235_19234395.jpg


「さぁ~お願いします!」
一木さんの御主人さんは、いつも店頭でお魚を捌かれる時には、この帽子をかぶられます。これって魚の競りに行く時の帽子ですよね(笑)

b0140235_19263156.jpg


「まな板の鯉」とはこのことで、大きな佐久鯉も一木さんの手に渡るとアッと言う間です。

b0140235_1928826.jpg


また近くの「大谷書店」さんでは「象鼻杯」の準備万端のようです。
ハスの葉っぱは「最上屋」さんからご用意されたようです。ご近所のお店の連携も素晴らしいですね!

b0140235_1932054.jpg


大谷書店さんでは「大町民話かるた」も販売されています。
こちらもわかりやすく手作りのご案内を作っていただきました。

b0140235_1935333.jpg


また新しい御協力店さん「居酒屋 灯り」さんも頑張っていただいてます。
地場産の食材を使われる緑提灯のお店です。

b0140235_2032128.jpg


女将さんは「うどぶき」をお料理され、お客様にサービスしていただけるそうです。(お食事時利き猪口提示して下さい)

b0140235_19392066.jpg


同じく「蕎麦処 美寿々」さんでも、蕎麦粉のうす焼きをサービスしていただけます(お食事時利き猪口を提示して下さい)

b0140235_19414121.jpg


美寿々さんでオススメはお蕎麦もですが、向かいの「小林鶏肉店」さんの信濃地鶏を使われたお料理の数々です。唐揚げはとってもジューシー!

b0140235_1945490.jpg


大町の水の美味しさを強調するかのようなチャーシューメンも注目です。

今日は商店主さん方が、ご自分のお店に一生懸命に取り組んでいただいてる事に大変感激しました。
管理人は皆様と接していて感じるのですが、呑みあるきが起爆剤になって皆様のお店に元気を出していただけることが最大の喜びです。そしてこのイベントは毎年開催出来るよう頑張りますね!
呑みあるきは今後も続けると思いますが、

by nomiaruki | 2009-09-11 19:10 | 呑みあるきの見どころ  

羽田智千代氏版画展開催!

b0140235_1251256.jpg

羽田智千代氏版画展開催!

北安大國さんでは、蔵の二階で日本版画院・同人・評議員「羽田智千代(ハタトシチヨ)氏によります版画展を開催いたします。
不思議なキャラクターが登場する叙情あふれる木版画の世界をお楽しみ下さいませ。
またお申し出により、夕方より清水さんの琴の演奏がございます。

【羽田智千代氏】
木版画を本格的にはじめた頃は安曇野の風景、 特に農具川流域、木崎湖畔端、有明山のよく見える場所
などを好んでモチーフにしていました。
それが次第に風景を要素としてコンポジションを考えていくようになりました。
当時2歳の孫娘の一言に現在追い続けているテーマの啓示を受けました。 以後、育ててきたこの生き物たちが私の心を語ってくれています。

●鳥的思考 虫的視点
私の版画に登場する生き物たちを、ある人は"鳥"と呼び、またある人は"虫"と呼びます。
ふだんの私の気持ち、制作して行く過程で心がけてることなどを、鳥・虫になぞらえて表したのがこの言葉です。
 鳥的思考
大空を飛ぶ鳥が地上全体を見渡すかのように、あるいは宇宙から地球全体を眺めるかのような雄大な気持ちで、物事を大きく、広い視野で捉えていきたいそんな願いや考えがこの言葉です。

虫的視点
小さな虫を虫眼鏡で見る時のように注意深いまなざし。あるいは虫の視点のように普段とは違った視点に立つことで初めて見えてくるモノもあります。いろんな視点を大切に、そして細心の注意を向けて創作してゆきたい、そんな気持ちの表れがこの言葉です。 

羽田智千代氏HP
b0140235_13923.jpg

昨日には北安大國さんの二階には作品が搬入されていました。
b0140235_1392266.jpg

蔵二階の梁や柱とのコントラストが素晴らしい個展会場です。
b0140235_13124123.jpg

今回はこちらの会場でお琴の演奏をして下さる清水さんです。
昨年の呑みあるきに参加下さり、「ぜひこの場所で作家さんの作品と共に演奏をさせていただくのが夢でした!」と清水さん。
明日は宜しくお願い致します。

by nomiaruki | 2009-09-11 13:15 | 呑みあるきの見どころ  

アナログレコードでジャズを!「さすほん」

b0140235_2211293.jpg


こちらご存知でしょうか?
今、注目の波動スピーカーなんです。
昨年大好評だったジャズ鑑賞会を今年もしていただける「さすほん」さんです。
栗の木で作られた家具や小物の数々、見ているだけで楽しくなります。
店内奥にはこの「波動スピーカー」から心地よいジャズのビートが流れます。
今回夕方5時から7時まで店内のイスやソファで聴かせていただけるようです。
昨年のお客様より「ゆっくりさせていただいた~!」と言うお声を沢山お聞きしています。

b0140235_22451225.jpg


店内には可愛い雑貨やとってもお洒落なオブジェも並んでいます。

詳しい店内の雰囲気はこちらからどうぞ!

*場所は「いーずら特産館」の西へ歩いて直ぐです!

by nomiaruki | 2009-09-07 22:30 | 呑みあるきの見どころ  

利きコーヒーの会予約状況

b0140235_1444568.jpg


本通り長野銀行西入る(掘六日町)の「ユナイトコーヒー」さんの「利きコーヒーの会」の予約状況です。
ただいま10時と14時の会がご予約で満員です。
19時の会にはまだ余裕があります。
呑みあるき後の酔い覚ましにいかがでしょう。
究極のコーヒー豆「パナマ・ゲイシャ」は、赤ワインで言う「ロマネコンティ」と言われています。
もしかしたらワイナリーのソムリエさんも来られるかもしれませんね!

b0140235_10472919.jpg


若いお二人が一生懸命コーヒーの勉強をされ、春よりお店を開店されました「自家焙煎コーヒー」のお店です。勇気を出して街中に入って来られましたお二人です。
マスターのコーヒーのウンチクは最高です!

*利きコーヒーの会は当日ユナイトコーヒーさんの二階で開催されます。
cafeのほうは通常通り営業されますので、自家焙煎コーヒー各種をお楽しみいただけます。

by nomiaruki | 2009-09-02 10:44 | 呑みあるきの見どころ  

利きコーヒーの会同時開催!「ユナイトコーヒー」

b0140235_083038.jpg


呑みあるき当日までもう1ヶ月もありません。飲食店さんや小売店さん他、呑みあるき当日の特典などの情報をいただき始めています。
掘六日町の「ユナイトコーヒー」さんでは、珍しいコーヒーの呑み比べ「利きコーヒー&パナマ・ゲイシャを飲もうの会」を、呑みあるき当日に開催していただきます。

利きコーヒー&パナマ・ゲイシャを飲もうの会
日時:9月12日(土)    ①10時 ②14時 ③19時
場所:ユナイトコーヒー 各回8名様限定(先着順 予約可)
TEL:0261-85-0180
参加費:御1人 1,000円(利きコーヒー&パナマ・ゲイシャ1杯込み)

【利きコーヒー】
ユナイトさんで提供されています浅煎りの「ブラジルウォッシュト」を、今回特別に、浅煎り・中煎り・中深煎り・深煎りの4段階に煎り分けられて、同じブラジルの豆が煎り具合でどう変化していくかを飲み比べていただき、最後に「利きコーヒー」で当てて下さいね。正解者には素敵なプレゼントもあります!
4段階の焙煎した豆を一度に飲み比べることで、ご自身のコーヒーの好みもわかるので、もっとコーヒーをお楽しみいただけるようになります。

【パナマ・ゲイシャを飲もう!】
ユナイトコーヒーさんで人気に高い「パナマ」ですが、今回の「ゲイシャ」とはエチオピア原産の名前です。
コーヒのロマネ・コンティと比喩されます最高級品のゲイシャ種は、数多くの国際的なコーヒーコンテストで毎年1位を獲得し、オークションで出品されると破格の価格が付くほど世界でも注目されているコーヒーです。
今回特別にその最高級品「パナマ・ゲイシャ」を少量ですが入荷いたしました。
上品で明るい酸味と、上質な赤ワインのような風味、力強いコクを併せ持つ大変希少なこの「パナマ・ゲイシャ」をぜひこの機会にご堪能下さいませ。

by nomiaruki | 2009-08-18 00:29 | 呑みあるきの見どころ