カテゴリ:蔵元情報( 132 )

 

斉藤清氏絵画展

b0140235_1952213.jpg

b0140235_19542556.jpg


今年の北安大國さんの二階で開催されます「斉藤清氏」の絵画展です。
無事に作品が搬入され、多くの皆様が見学に来られています。
今回のために作っていただきました新作コラージュ「酒蔵の詩」は必見です。
市内本通りではご協力店さんが準備に入られてるところもあったり、各蔵元さんでも色々な工夫をされています。明日はお天気の心配もなさそうですので、お気をつけてお越し下さいませ。

吞みあるき開催日まで展示中

by nomiaruki | 2010-09-10 20:01 | 蔵元情報  

秋のお酒発売!

この冬に造ったお酒が一夏越して、ほどよく熟成したものを「ひやおろし」といいます。
長野県の酒造組合では、毎年9月9日を「ひやおろし」の解禁日としており、各蔵元さんが発売されました。
吞みあるき当日にはぜひお楽しみ下さいませ。

b0140235_22472837.jpg


北安大國・ひやおろし】
ほどよい熟成により、味はまろやかになり、香りは落ち着いていながらも花開いてきました。
冷蔵~常温~ぬる燗といろんな温度で楽しめるお酒になったと思います。
ラベルは秋色で6種類あります。
720ml   1,680円
1800ml  3,360円


白馬錦・ひやおろし アルプス湖洞貯蔵】
地元北安曇野契約栽培米「美山錦」を100%使用し、丹精こめて仕込んだ純米吟醸を4月下旬~8月下旬まで約4ヵ月間、北アルプスの懐「高瀬渓谷・湖洞トンネル」に貯蔵しました。
要冷蔵でお願致します。
720ml 1,575円
1800ml 3,150円


金蘭黒部・ひやおろし】
村山杜氏様自ら合鴨農法で育てられた酒米を使用された入魂の一本です。極少量の夏越し酒ですのでお早い目にどうぞ!
瓶詰めは無濾過生原酒ですので、必ず冷蔵庫でお願いいたします。
720ml 1,680円

by nomiaruki | 2010-09-08 23:58 | 蔵元情報  

蔵元特製瓜の粕漬け「北安大國」

b0140235_21402216.jpg


「北安大國」さんが、このあいだ塩漬けされた瓜ですが、少し水分をとられて粕に漬けられる作業をされていました。

b0140235_2142473.jpg


蔵人・西澤さん、沢山の瓜を北安大國さんの漬け粕でしっかりと漬けられていました。
呑み歩き当日は美味しい蔵元自家製の瓜の粕漬けを出していただけることでしょう。

by nomiaruki | 2010-08-12 21:46 | 蔵元情報  

瓜の粕漬け漬け込み!「北安大國」

b0140235_2382559.jpg


ここ最近異常な暑さの大町です。農作物も急に成長しているようです。
そして大町の郷土食でもある「瓜の粕漬け」の瓜が急に出回り始めました。
今年も「北安大國」さんでは、瓜の粕漬けを漬けこまれるようです。
b0140235_2325193.jpg


今日は蔵人の西澤さんが下漬けをされていました。「肝っ玉母さん!」と言ったイメージの西澤さん、今年も宜しくお願い致しますね!

b0140235_2312968.jpg


次々にスプーンで種を取られていきます。

b0140235_23132615.jpg


かたちの揃ったとってもいい瓜ですね!

b0140235_2315263.jpg


b0140235_23151811.jpg


瓜を丁寧に塩でまぶし、フネの部分に塩を多く入れて、並べていかれます。

b0140235_23175020.jpg


b0140235_23182782.jpg

b0140235_23185184.jpg


最後はふり塩をして、4.5日置かれて水をあげられます。
明日にはお水も上がってるので、少し軽い重石に変えられるそうです。
毎年瓜の雰囲気が違うので、塩加減や、下漬けも勘に頼られるそうです。
大町の女性は皆さん漬物上手です。この後、北安大國さんの畑で採れるミョウガも楽しみですね!
呑みあるき当日には何を出して下さるのか、今から待ち遠しいですね~

by nomiaruki | 2010-08-04 23:17 | 蔵元情報  

実行委員会開催!「ポスター&チラシ配布間際」

昨日実行委員会が開催されました。
呑みあるき当日まで残すところ2ヶ月を切りました。
今回の実行委員会では、かなり細やかな詰めの段階にきています。

【各担当より】
ポスター・お猪口担当(白馬錦・薄井浩介)
●ポスター&チラシは来月上旬には印刷も終わり、皆様に配布できるように手配します。
また、今回は「利き猪口販売店」が増えたので、お店の名前をポスター&チラシに追加します。
●今年は8月11日(水)より、利き猪口を販売する事になりました。

HP・ブログ・呑みあるき情報担当(横川商店・山口)
●御協力店さんからの呑み歩き当日の特典情報をいただき始めています。出来るだけ「呑みあるき情報」に掲載して、皆様にご理解、御協力をお願できますよう努力します。

b0140235_2256169.jpg


新しい利き猪口袋の生地を手配しました。しかしながら目の前に迫った呑みあるき開催に向け、無理のないようにと思っています。現在できたのもがいくつかあるので、無くなる事はないと思います。

マップ・協力店担当(横川商店・横川)
●今年も呑み歩き当日にはマップを配布しますが、昨年よりもっとお酒の販売店、順路をわかりやすく工夫したいと思います。

小売商組合・当日販売担当(一木宮坂商店・宮坂)●今年は利き猪口販売店を増やしてはと言うことで、ご意見を頂戴したところ、何軒かの酒販店さんがご協力していただけることになりました。
【吉澤酒店さん・イゲタボシ伊藤商店さん・最上屋さん・一木宮坂商店さん】以上の4軒の方々にもご協力いただき、利き猪口を販売する事になりました。ご協力ありがとうございます。

JR臨時列車・備品(いーずら大町特産館・丸山)
●今年もJRさんの窓口「びゅうプラザ」で、「松本=信濃大町」往復乗車券&利き猪口をセットにしたチケットを発売いたします。

*いよいよ残すところ2ヶ月を切りました。
御協力店の皆様、今年も何か特典や企画がございましたら、実行委員会の方までご連絡いただきますよう、何卒どうぞよろしくお願い申し上げます。

by nomiaruki | 2010-07-28 23:21 | 蔵元情報  

大町三蔵漬け粕販売中!

b0140235_212622.jpg


大町三蔵「白馬錦」「金蘭黒部」「北安大國」さんの漬け粕が発売中です。
大町では秋には野沢菜、夏には瓜の粕漬けを漬けられるのが習慣になっています。
10㎏、20㎏、と漬けられてはご親族やご友人などに送られるそうです。面白いことに、お家によって銘柄が代々伝わってたり、漬けるものも色々です。ただ困りますのは、瓜ができてからではご希望の銘柄の漬け粕が手に入るかと言うと、これがまた大変なんです。
今年は全般的に野菜の成長が遅いように思われますので、是非お早めに漬け粕をお買い求め下さいませ。市内各酒販店でお取り扱いしています。

by nomiaruki | 2010-07-18 02:11 | 蔵元情報  

北安大國さんの漬け粕袋詰め

b0140235_23592558.jpg


北安大國・北安醸造さんでも夏粕の袋詰めが行われています。

b0140235_022667.jpg


山崎義幸杜氏様自ら、タンクに入って熟成した粕を掘られています。
それを桶に入れられて、一袋づつ目方を量られての袋詰めです。全てが手作業なので大変手間なお仕事です。

b0140235_063950.jpg


実行委員の「一木宮坂商店」さんも早速袋詰めされました粕を取りに来られていました。
大町の皆さんはこの時期には取り合いのように酒粕をお求めになります。ご家庭により銘柄が決まってるのも面白いものなんです。多い方では4kgを10袋程お求めになり、ご親戚やご兄弟に送られるそうです。

b0140235_0134589.jpg


お庭のミョウガもこんなに大きくなりました。きっと呑みあるき当日はこちらの粕でミョウガも漬けていただけるのではないでしょうか!ぜひお楽しみに・・・

b0140235_0195160.jpg


また袋詰めの様子はタイミングが合わず、お写真を撮れませんでしたが、金蘭黒部・市野屋商店さんも袋詰めが終わり、出荷の準備が整われています。
いよいよ粕漬けのシーズン到来です!

by nomiaruki | 2010-07-09 23:59 | 蔵元情報  

郷土食「粕もみ」

b0140235_23203042.jpg


「北安大國」さんより「特撰大吟醸粕」が発売されました。
こちらは「粕もみ用」の粕で、この時期になりますと、大町の方々は畑をされてる方が多く、ご家庭用のキュウリがどんどん大きくなります。信州と言いましても夏は暑く、食欲が落ちるこの時期には、冷たくひやした粕もみは、皆さん大好きだと思います。

b0140235_232919100.jpg


薄くスライスしたキュウリを軽く塩もみし、お好みで砂糖を加えた吟醸粕で和えるだけです。
とっても美味しい「キュウリの粕もみ」は、信州の郷土食と言えるでしょう。
通常管理人は少し彩りで人参を入れるのですが、やはりそれはよそ者だと・・・
でも意外と美味しいんです。
信濃大町の夏の食卓を代表する一品です。
もちろん大町のお酒との相性はピッタリです(*^^)v

by nomiaruki | 2010-07-08 23:32 | 蔵元情報  

夏粕袋詰め始まる「白馬錦」様

b0140235_2338928.jpg


「白馬錦・薄井商店」さんの夏粕です。
これは冬の酒造りのシーズンにしぼられとれた酒粕を、貯蔵タンクに入れられて熟成されたものなんです。
信州ではこの夏粕を、今の時期より粕漬けにされるために使われるんです。
御家庭によっては、「我が家はこの蔵の粕・・・」といった具合に、代々伝わる漬け方が伝承されてるところもあるようです。
瓜はもちろん、ミョウガやキュウリ、秋には大根も漬けられるようです。
呑みあるき当日にはきっと蔵元さん独自のお漬物が出てくるかもしれませんね!

b0140235_23445420.jpg


大きなタンクから出された粕を、蔵人の皆さんで量りながら手詰めされていきます。

b0140235_2346129.jpg


もちろん松浦杜氏さんも御一緒に作業をされていました。

b0140235_2347449.jpg


最後に密封され出荷されていきます。
夏粕は冬の板粕と違って、粘りがあるので扱いにくい事でしょう。

b0140235_23484321.jpg


b0140235_23485919.jpg


またこちらは吟醸粕と言って、大吟醸も入ってる粕です。
これは「粕もみ」と言う郷土食に使われる粕なんです。
キュウリの薄切りに甘味を加え和えたものです。

これらの粕は7月10日過ぎに発売されるそうです。
各お店にこれらの粕が並び出すと、信濃大町は夏本番を迎えます。

by nomiaruki | 2010-06-30 23:52 | 蔵元情報  

駅蕎麦再開です!

b0140235_21322237.jpg

b0140235_21323249.jpg


JR信濃大町駅です。
まだまだ改装中ですが、素敵な駅舎になってきましたね!
「岳都信濃大町」と言う雰囲気でしょう。

b0140235_21342688.jpg


18日(土)からは駅蕎麦も再開されました。まだきっと皆様ご存知でないかもしれません。
「駅蕎麦はまだ?」と言う問い合わせも随分ありました。

b0140235_2136334.jpg


お昼になると地元の方々までが食べに来られる駅蕎麦で有名なんです。
もちろん管理人もお世話になってます。

b0140235_21371076.jpg


「いただきま~す!」

by nomiaruki | 2010-06-21 21:37 | 蔵元情報