カテゴリ:蔵元情報( 136 )

 

北安大國さんの漬け粕袋詰め

b0140235_23592558.jpg


北安大國・北安醸造さんでも夏粕の袋詰めが行われています。

b0140235_022667.jpg


山崎義幸杜氏様自ら、タンクに入って熟成した粕を掘られています。
それを桶に入れられて、一袋づつ目方を量られての袋詰めです。全てが手作業なので大変手間なお仕事です。

b0140235_063950.jpg


実行委員の「一木宮坂商店」さんも早速袋詰めされました粕を取りに来られていました。
大町の皆さんはこの時期には取り合いのように酒粕をお求めになります。ご家庭により銘柄が決まってるのも面白いものなんです。多い方では4kgを10袋程お求めになり、ご親戚やご兄弟に送られるそうです。

b0140235_0134589.jpg


お庭のミョウガもこんなに大きくなりました。きっと呑みあるき当日はこちらの粕でミョウガも漬けていただけるのではないでしょうか!ぜひお楽しみに・・・

b0140235_0195160.jpg


また袋詰めの様子はタイミングが合わず、お写真を撮れませんでしたが、金蘭黒部・市野屋商店さんも袋詰めが終わり、出荷の準備が整われています。
いよいよ粕漬けのシーズン到来です!

by nomiaruki | 2010-07-09 23:59 | 蔵元情報  

郷土食「粕もみ」

b0140235_23203042.jpg


「北安大國」さんより「特撰大吟醸粕」が発売されました。
こちらは「粕もみ用」の粕で、この時期になりますと、大町の方々は畑をされてる方が多く、ご家庭用のキュウリがどんどん大きくなります。信州と言いましても夏は暑く、食欲が落ちるこの時期には、冷たくひやした粕もみは、皆さん大好きだと思います。

b0140235_232919100.jpg


薄くスライスしたキュウリを軽く塩もみし、お好みで砂糖を加えた吟醸粕で和えるだけです。
とっても美味しい「キュウリの粕もみ」は、信州の郷土食と言えるでしょう。
通常管理人は少し彩りで人参を入れるのですが、やはりそれはよそ者だと・・・
でも意外と美味しいんです。
信濃大町の夏の食卓を代表する一品です。
もちろん大町のお酒との相性はピッタリです(*^^)v

by nomiaruki | 2010-07-08 23:32 | 蔵元情報  

夏粕袋詰め始まる「白馬錦」様

b0140235_2338928.jpg


「白馬錦・薄井商店」さんの夏粕です。
これは冬の酒造りのシーズンにしぼられとれた酒粕を、貯蔵タンクに入れられて熟成されたものなんです。
信州ではこの夏粕を、今の時期より粕漬けにされるために使われるんです。
御家庭によっては、「我が家はこの蔵の粕・・・」といった具合に、代々伝わる漬け方が伝承されてるところもあるようです。
瓜はもちろん、ミョウガやキュウリ、秋には大根も漬けられるようです。
呑みあるき当日にはきっと蔵元さん独自のお漬物が出てくるかもしれませんね!

b0140235_23445420.jpg


大きなタンクから出された粕を、蔵人の皆さんで量りながら手詰めされていきます。

b0140235_2346129.jpg


もちろん松浦杜氏さんも御一緒に作業をされていました。

b0140235_2347449.jpg


最後に密封され出荷されていきます。
夏粕は冬の板粕と違って、粘りがあるので扱いにくい事でしょう。

b0140235_23484321.jpg


b0140235_23485919.jpg


またこちらは吟醸粕と言って、大吟醸も入ってる粕です。
これは「粕もみ」と言う郷土食に使われる粕なんです。
キュウリの薄切りに甘味を加え和えたものです。

これらの粕は7月10日過ぎに発売されるそうです。
各お店にこれらの粕が並び出すと、信濃大町は夏本番を迎えます。

by nomiaruki | 2010-06-30 23:52 | 蔵元情報  

駅蕎麦再開です!

b0140235_21322237.jpg

b0140235_21323249.jpg


JR信濃大町駅です。
まだまだ改装中ですが、素敵な駅舎になってきましたね!
「岳都信濃大町」と言う雰囲気でしょう。

b0140235_21342688.jpg


18日(土)からは駅蕎麦も再開されました。まだきっと皆様ご存知でないかもしれません。
「駅蕎麦はまだ?」と言う問い合わせも随分ありました。

b0140235_2136334.jpg


お昼になると地元の方々までが食べに来られる駅蕎麦で有名なんです。
もちろん管理人もお世話になってます。

b0140235_21371076.jpg


「いただきま~す!」

by nomiaruki | 2010-06-21 21:37 | 蔵元情報  

北安大國さんからのご案内

b0140235_21521711.jpg


「北安大國・北安醸造」さんからのご案内です。
先日発表されました、平成21年度全国新酒鑑評会において、「北安大國・大吟醸あづみ野育ち」が、入賞されました。皆様の日頃のご愛顧のおかげで、北安曇野産・美山錦使用での2年連続入賞です。


b0140235_22472090.jpg


この夏の純米吟醸です。
酒米「ひとごこち」を使用され、精白55%の旨味がギッシリ凝縮しながら、夏らしくキレのいい一本です。
今回は生産本数が非常に少ないので、お早い目にどうぞ!

720ml 1,420円
1800ml 2,835円

by nomiaruki | 2010-06-20 22:50 | 蔵元情報  

可愛い合鴨ちゃん



「金蘭黒部・市野屋商店」さんの、村山大蔵杜氏さんが自ら育ててられる「合鴨農法」の田んぼです。

b0140235_3131149.jpg


合鴨は集団でお仕事してくれるようですね!

b0140235_3142962.jpg


村山杜氏さん、田んぼのまわりにネットを張らないと、合鴨が狐さんやカラスさんに襲われるようなので大変です。酒造りのシーズンが終わっても、連日お忙しくされてるようです。

b0140235_3183986.jpg


こちらの酒米は、鴨と一緒に作った酒米と言うことで「愛醸純醸」と言う銘柄で、呑みあるき当日は試飲させていただけると思います。是非お楽しみに!

by nomiaruki | 2010-06-14 03:19 | 蔵元情報  

白馬錦・雪中埋蔵発売!

b0140235_093870.jpg



1月にしぼられました純米吟醸を、大町郊外の北アルプス山麓の雪の中に埋蔵し、約4ヶ月の熟成期間を経て眠りからさめてきました。5月24日に掘り起こされた雪中埋蔵のお酒は低温熟成された香り高いお酒になってまいりました。今年の大町は雪が豊富で、掘り起こしの日にまで十分な雪があり、ゆっくりと低温で熟成されたため、香り高いですが落ち着きのある味わいに仕上がりました。

【雪中埋蔵無濾過生原酒(掘り起こしたまんまの無垢の生酒)】
1800ml 3,465円
720ml 1,732円

【雪中埋蔵 生酒(掘り起した後、割り水をされアルコール度数調節)】
1800ml 3,360円
720ml 1,680円

by nomiaruki | 2010-06-06 00:10 | 蔵元情報  

白馬錦・雪中埋蔵発売間近!



白馬錦薄井浩介」さんが制作れた、雪中埋蔵のプロモーション映像です。
毎年実行委員会でも、ポスターその他デザイン関係は全て浩介さんの担当です。
すみません、映像の最中水玉模様のガウンを着て前を通ったのは管理人です(笑)
いよいよ6月6日に「白馬錦・雪中埋蔵」が発売になります。
お求めは市内各酒販店さんでどうぞ!

【雪中埋蔵 -純米吟醸 生酒-】
1.8L /3,360円 ・ 720ml /1,680円 ・ 300ml / 735円(各税込)

by nomiaruki | 2010-06-04 23:58 | 蔵元情報  

愛醸純醸酒米の田植え「金蘭黒部・市野屋商店」



「金蘭黒部・市野屋商店」の村山大蔵杜氏さんです。
こちらの田んぼは杜氏さん自ら酒米を田植され、合鴨と一緒に育てられる「合鴨農法」の田んぼです。

b0140235_122746.jpg


酒米の種類は「とどろきわせ」で、お酒造りの方々は皆さん欲しがられる品種です。

b0140235_1244846.jpg


今までは杜氏さん自ら手で植えられてたんですが、このような広い田んぼはとても大変です。
四じょう植えの田植え機を譲り受けられたそうで、良かったですね(*^^)v

b0140235_1271755.jpg


田植え機が通ったあとは平坦にしないと田んぼがボコボコになっています。
それを平坦にするのも大切な作業なんです。

b0140235_1292738.jpg


やっぱり田植え機は速いです!爪のようなものが田んぼに次々と早苗を植え付けてくれます。
昔は皆さん手で植えてたんですから・・・

b0140235_130547.jpg


最後は田んぼのまわりを一周されて終わられるんです。
この終わり方も田んぼによって違うようです。

b0140235_1325689.jpg


あとは水をかけるんです。
「かける」と言う意味は、田んぼ用語?(笑)
田んぼに用水路から水を注ぎ入れる事なんです。
この場所を開閉する事によって田んぼの水調節ができるんです。

b0140235_136117.jpg


ここの流れてる水が素晴らしくきれいなお水で、手をつけると町なかよりずっと冷たいんです。
そして澄んでいます(*^_^*)

b0140235_13897.jpg


村山杜氏さんご苦労様でした。
とっても物静かな杜氏さんですが、造りに対する姿勢は凄いものがあります。
苦労に苦労を重ねられ、今年の新酒「とら」は爆発的な人気でした。

b0140235_1412165.jpg


ちょうど田植えが終わるころ、お蔵様より福島常務さんがお茶とお菓子を持って駆けつけて下さいました。
甘いも辛いもご馳走様でした。ポケットにもいっぱいのお菓子を詰め込んで、自転車で町なかへ戻った管理人でした。

b0140235_1443553.jpg


一週間もすると、この場所には可愛いらしい合鴨の赤ちゃんが泳いでいることでしょう。

by nomiaruki | 2010-06-03 22:08 | 蔵元情報  

白馬錦雪中埋蔵掘り起こし



b0140235_18303755.jpg



b0140235_1831496.jpg



今朝は「白馬錦・薄井商店」様の大人気酒「雪中埋蔵」の掘り起こし作業がありました。雨の中、松浦杜氏様始め、蔵人様が総動員で掘り起こしをされていました。


b0140235_18315488.jpg




寒~い一日で、大変御苦労さまでした。

埋蔵本数:雪中埋蔵1800ml 3,840本(480ケース)
*発売時には通常の雪中埋蔵は無濾過&加水され出荷されます。
埋蔵期間:1月28日~5月24日(約4ヶ月)
店頭発売日:6月6日(日)

しぼりたての新鮮な生酒を北アルプスの麓の雪中に埋めて眠らされたお酒です。
今年は十分に積雪に恵まれ、4ヶ月間ゆっくりと熟成されました。
大自然の恵みをうけたお酒は、フレッシュで爽やかな味わいで目ざめて参りました。
発売日まで今しばらくお待ち下さいませ。

by nomiaruki | 2010-05-24 18:33 | 蔵元情報