カテゴリ:蔵元情報( 136 )

 

東京の中の信州!「信州おさけ村」

b0140235_2344894.jpg


東京で信州のお酒が飲みたくなられたら、とってもいい場所があるんです。
新橋駅近くの「信州おさけ村」です。

b0140235_2362820.jpg


b0140235_2374421.jpg

店内には大町三つの蔵元さんのお酒が揃っています。もちろん信州の蔵元さんも沢山置かれています。

b0140235_23105082.jpg


白馬錦・純米大吟醸極酒」が置かれています。

b0140235_23125089.jpg


北安大國・大吟醸あづみ野育ち」は、大人気の「濃醇原酒」よりもっとランクの上のものが飲みたいと言われるお客様のリクエストだったそうです。b0140235_2315453.jpgb0140235_23153166.jpg

おつまみ類もリーズナブルで色々あります。
お気に入りはご購入できるよう瓶ものになっているんです。
そして「味噌おたぐり」ってご存知ですか?「馬のモツ煮」なんだそうです。これもお客様からのリクエストだそうです。きっと信州がお好きな方、ご実家が信州の方がおいでなのでしょう。
東京のビル街の中ですが、ここは紛れもなく信州の空間です。
管理人もお邪魔していて、何となく帰ってきた安心感がありました。東京においでのお客様、是非ご利用して下さいね!

【信州おさけ村】
営業時間:11:00~21:30
定 休 日: 日曜・祝祭日・第2・第3土曜日
東京都港区新橋 2-20-15 新橋駅前ビル 1号館 1F
TEL:03-3572-5488
FAX:03-3574-6896


b0140235_23215229.jpg

by nomiaruki | 2010-05-21 23:24 | 蔵元情報  

長野の酒メッセin東京2010大盛況!

b0140235_10551078.jpg


「長野の酒メッセin東京2010」は、赤坂紀尾井町の「グランドプリンス赤坂」で開催されました。会場はぎっしりと地酒ファンの方々でうまり大盛況でした。
大町三つの蔵元さん始め、長野県の地酒はとっても評価も高く人気だと言う事がよくわかりました。

b0140235_10583635.jpg


会場入ってすぐのところには「金蘭黒部・市野屋商店」さんのブースです。
福島常務様とご一緒にいらっしゃるのは、東京在住のお客様なんですが、ご両親さんが大町においでだそうなんです。嬉しいですよね~~~!
「9月の呑みあるきには是非いらして下さいね~」

b0140235_111619.jpg


金蘭黒部さんはこちらの「超特選大吟醸」が早い時間に試飲終了です。
こちらのお酒は呑み歩き当日には一番人気で売れたそうなんです。

b0140235_1132012.jpg


さすが営業の北澤さん(*^_^*)

b0140235_114052.jpg


終了一時間前にはお酒が前部無くなっちゃったみたいです(笑)
福島常務さん、隠れないで~~~

b0140235_1172529.jpg


「北安大國・北安醸造」さんのブースでは、伊藤社長さん自ら試飲をサービスされていました。

b0140235_1183920.jpg


呑みあるき当日にはとんでもない人気だった「濃醇原酒」、そして根強い人気の「純米吟醸無濾過」です。

b0140235_11154093.jpg


「白馬錦・薄井商店」さんでは、松浦杜氏さん自ら試飲をサービスされていました。

b0140235_11165625.jpg


「薄井朋介社長」様は、会場内で呑みあるきの営業までしていただいたそうです(笑)
「社長さ~ん、もうすぐですね!掘り起こし(*^_^*)」

b0140235_1119620.jpg


掘り起こし間近の「雪中埋蔵」です。
白馬錦さんの中でもダントツの人気酒です。
「埋蔵金のイメージなんだよな~」って薄井社長さんがお話しされていました。
今では沢山の蔵元さんが雪を絡めて色々な貯蔵をされていますが、白馬錦さんが元祖だろうと思います。6月6日発売ですからどうぞ!

こうやって長野のお酒が東京でこんなに大盛況なのを見ていますと、管理人もどんどん元気が出てきます。北アルプス三蔵呑みあるきは、大町の三つの蔵元さんですが、長野県では各所で「呑みあるき」をされています。大町から発信して、長野県全体が一丸となって「長野の地酒」が全国の皆さんへご紹介できれば嬉しいこと思っています。
ご参加の皆さん、各蔵元さん、お疲れさまでした!

by nomiaruki | 2010-05-21 11:26 | 蔵元情報  

三蔵明日東京です!

b0140235_2075110.jpg


「長野の酒メッセin東京」が明日開催されます。
是非このご機会に大町の三つの蔵元さん、そして長野の地酒をお楽しみ下さいませ。

毎年ご好評いただいております恒例の大試飲会も、おかげさまで7回目となりました。今回も、長野県内約60蔵の自慢の酒をお持ちして皆様にお楽しみいただきたいと思っております。お誘い合わせてお出かけいただけましたら幸いです。
開催日時:2010年5月19日(水)
13:00~20:00(受付時間12:30~19:30)
13:00~20:00 業界関係者(酒販店、飲料店)
15:00~20:00 一般のお客様
※入場できる時間が異なりますのでご注意下さい。


開催場所:グランドプリンスホテル赤坂 別館5F ロイヤルホール
〒102-8585 東京都千代田区紀尾井町1-2
TEL:03-3234-1111
http://www.princehotels.co.jp/akasaka/


入場料  :お一人様2,000円(税込)[入場料割引あります]
・DMチラシご持参のお客様(1枚でお一人様のみ)or和服(着物)でご来場のお客様は500円割引になります。 2,000円→1,500円       
・DMチチラシご持参and和服(着物)でご来場のお客様は1,000円割引になります。        2,000円→1,000円

内容 長野県内の酒蔵約60場、500種類にのぼる日本酒の試飲・展示
・「信州SAKEカントリーツーリズム」のご案内
・長野県原産地認定酒「長野モデル認定酒」の試飲
・ 日本酒に関するミニ講演会
・ 蔵元との最新情報交換
・先着600名様に蔵元自慢の酒をプレゼント(15:00~)     
※お車でお出かけの方、未成年者の方は試飲いただけません。
※試飲会ですので、つまみ等の食品の持込はご遠慮下さい。

お問合せ:長野県酒造組合 事務局      
TEL:026-227-3133    

by nomiaruki | 2010-05-18 20:11 | 蔵元情報  

今の時期のお仕事

b0140235_2336129.jpg


造りのシーズンには賑やかだった「北安大國」さんの広敷も、今の時期はいたって静かです。
でも午前、午後には皆さんで休憩されています。

b0140235_2339515.jpg


「今日は何をされていますか~?」ってお聞きしますと、三浦さんが「瓶詰めしてるよ!」ってお答えされ、見学させていただきました。
ちょう火入れをされた後、冷やされてるところです。

b0140235_23424625.jpg


三浦さんご苦労様です。
「大吟醸あずみ野育ち」は北安大國さんの最高のお酒です。

b0140235_23474276.jpg


こちらの瓶詰め機では、父の日用の特注だそうです。
作りのシーズン以外でもこうやって蔵人さんのお仕事は続いています。
蔵の中はひんやりして気持ちがいい季節になって来ました。

by nomiaruki | 2010-05-17 23:49 | 蔵元情報  

トンネル貯蔵庫の搬入作業「白馬錦」

b0140235_2239504.jpg


4月9日(金)に、「白馬錦・薄井商店」さんが、北アルプス山麓の某湖洞貯蔵庫に、今年の新酒を搬入される作業があったそうです。
秋の呑みあるきの時には、きっと美味しくなって皆様にお楽しみいただけるかと思います。
詳しくは「白馬錦・薄井商店」さんのブログより、松浦杜氏さん自ら掲載されています。
こちらからどうぞ!

by nomiaruki | 2010-04-15 22:46 | 蔵元情報  

金蘭黒部・愛醸純情無濾過生原酒発売

b0140235_20533135.jpg


b0140235_20542927.jpg


b0140235_2055237.jpg



金蘭黒部・村山大蔵杜氏」様と、アイガモが育てた酒米で醸された純米無濾過生原酒です。
合鴨(アイガモ)農法とは、水田に合鴨を放って稲を育てる方法で、化学農薬、化学肥料を全く使用せず、お米を栽培します。
金蘭黒部の市野屋商店様の村山大蔵杜氏様は昨年もご自身で田んぼを手掛けられました。
村山杜氏様生産分の原料米は、平成18年、民間稲作研究所認証センターの「有機農産物(転換期間中)」認定マークを取得されています。

原料米:合鴨農法有機栽培米
精白:59%
日本酒度:+3
アルコール度数:18.0
720ml 1,680円

by nomiaruki | 2010-03-28 20:57 | 蔵元情報  

蔵元さんは宝の山!「北安大國」

b0140235_21272151.jpg


桜が咲いたと言うニュースをテレビで見ますが、信濃大町は今日はまだ雪が降っていました。
ちょっと用事で「北安大國・北安醸造」さんへ行ってきました。
今の時期はもう全てのお酒を搾り終わられ、静かな蔵内にもどりました。

b0140235_21305726.jpg


こちらは昔の醸造用精米所だそうです。
今は倉庫のようになっています。

b0140235_21341574.jpg


今でも残ってる昔の精米機です。とっても貴重でしょう。

b0140235_21345519.jpg


横には昔書かれたメモ書きが・・・
「添 仲 留 掛米・・・」
何だかズド~ンと来るものがありました。精米機が今にも音を立てて動き出しそうな雰囲気です。

b0140235_2137576.jpg


「奥にあるのは何でしょう・・・?」
昔は造りの合間に時間があると奥にあるボートを木崎湖で浮かべて釣りをされていたそうです。
もしかして釣れた魚で夜は宴会?まさかね~~~
精米機があるこの空間はとっても素敵なんです。呑みあるき当日はちょっと整理して開放していただけないかしら?
b0140235_214159.jpg


それはこれを見つけたからです。
木樽の蓋でしょう。これだけあればテーブルになるでしょう。

b0140235_21442510.jpg


蓋の接ぎ目は一切釘が使われていなく、このように留められています。
これこそ職人技でしょうね!

b0140235_21475032.jpg


外のカレージにはもう使われないタンクが沢山並んでいます。
「使われるなら持って行って下さい!」ってご案内の伊藤社長さん。
どうやって運ぶんですか~~~~~~~

b0140235_21511599.jpg


こちらのタンクのプレートもいいでしょう。日本酒好きにはたまりませんよね~

b0140235_21544926.jpg


ここにも昔ながらの大きな和釜があります。

b0140235_21572394.jpg


その横には・・・「これは?」
「ホタルイカとりのアミですよ!」って伊藤社長さん「・・・」

b0140235_22177.jpg


「これは?一番奥の・・・」
「卓球台です!」っと・・・
何だかとっても楽しい昔の蔵元さんの日常生活を見せていただいたような日でした。

by nomiaruki | 2010-03-26 22:03 | 蔵元情報  

金蘭黒部無濾過生原酒揃いました!「市野屋商店」

b0140235_20393284.jpg



「金蘭黒部・市野屋商店」様より、生原酒が揃いました。
村山大蔵杜氏様の入魂の生原酒は、其々に銘柄の特徴を最大限にいかされた超限定酒です。

b0140235_20414999.jpg


【金蘭黒部超特撰大吟醸 しぼりたて無濾過生原酒(超限定)】

原料米:山田錦100%
精白:39%
日本酒度:+4
酸度:1.4
価格:720ml 5,355円


b0140235_20412292.jpg


【金蘭黒部純米吟醸 しぼりたて無濾過生原酒】
原料米:美山錦100%
精白:59%
日本酒度:+3
酸度:1.6
価格:720ml 1,890円

b0140235_20403820.jpg


【金蘭黒部特別本醸造 しぼりたて無濾過生原酒】

原料米:雄町100%
精白:59%
日本酒度:+3.5
酸度:1.5
価格:720ml 1,260円


b0140235_20425399.jpg


風格のあります「金蘭黒部・市野屋商店」様のお蔵横のなまこ壁は大町市の財産でもあります。
是非カメラを持たれて街中散策へどうぞ!


*これらの無濾過生原酒のお買い求めは、酒販店さんでお確かめの上ご購入下さいませ。
なお搾りたてのお酒はとっても繊細なものです。必ずクーラーBOXをご用意されるか、クール宅急便をご利用下さいませ。

by nomiaruki | 2010-03-23 20:49 | 蔵元情報  

上諏訪街道呑みあるき2010開催

b0140235_023833.jpg


3月20日(土)に、「上諏訪街道呑みあるき」を開催され、大盛況に終わりました。
上諏訪の5つの蔵元さんを、参加証であります利き猪口を持って呑みあるくイベントです。
「真澄・宮坂醸造」さん、「舞姫・舞姫酒造」さん、「麗人・麗人酒造」さん、「横笛・伊東酒造」さん、「本金・本金酒造」さんの5蔵
大町で開催させていただいてる呑みあるきのきっかけになったのも、こちら上諏訪のイベントからヒントをいただきました。
管理人はお世話になってます「酒ぬのや本金酒造」さんへ、毎年お手伝いに行ってます。

b0140235_0114229.jpg


15時から各蔵元さんでスタートされ、参加者の皆さんは今年の新酒やオススメのお酒をお楽しみでした。

b0140235_013853.jpg


上諏訪街道呑みあるきは、呑みあるきの前に色々なイベントを組み入れられていますが、やはりこのイベントの醍醐味は、蔵の方々とお客様とのコミュニケーションでしょう。
「杜氏さんとお話しできた!」とか「社長さんにお酒を注いでもらった」とか、日頃一般のお客様ではお話しできない「今季の造りのお話しができた」とか言うことが、お客様にとっても、蔵元さんにとっても大変嬉しい事なんだと思います。
参加者の方々の人数ではないと思っています。

b0140235_0203161.jpg


沢山のお客様がドッと押し寄せられますが、最後にはいい気分で所々でお客様同士が輪になってられるんです。

b0140235_022182.jpg


なんだかとってもいい雰囲気だと思われませんか?
日本酒って気分をウキウキさせてくれるんです。
横の方がお友達、お顔を合わされた方皆さんがお友達状態。

b0140235_0241610.jpg


こちらのお客様最高です!
両手が自由になるように、オリジナルの首掛けを持参です。
汁もの入れがあるのには笑っちゃいました。

b0140235_0254238.jpg


このようなお客様も多かったです。
利き猪口の箱を、首掛けに引っ掛けられ、猪口入れにされていました。
利き猪口は濡れてるからと、柿の種を入れて食べられてるお客様には大笑いでした。
何でもいいんです。お酒は楽しく飲んでいただくのが一番です。

b0140235_02820100.jpg


夜になると灯りがともり、よりいい雰囲気に酔われていました。

b0140235_0292996.jpg


上諏訪街道呑みあるき、今年は利き猪口の文字がピンク色でとっても可愛かったです。
北アルプス三蔵呑みあるきも、今年は北安大國さんのイメージカラー「エンジ色」になる予定です。
上諏訪の皆さんお疲れさまでした。

by nomiaruki | 2010-03-22 00:40 | 蔵元情報  

吟醸生酒・静の桜発売!「薄井商店」

b0140235_0232768.jpg


「白馬錦・薄井商店」さんより、春にふさわしい華やかな香りの吟醸生酒「静の桜」が発売されました。口あたりの良さと、サラリとした喉越しの美しさをお楽しみ下さいませ。

720ml 1,500円(要冷蔵)


b0140235_029155.jpg

【大塩のイヌサクラ】
「白馬錦・静の桜」とっても素敵なネーミングです。
これは大町市美麻大塩の山間の村に佇む桜の古木からその名いただかれたそうです。この桜には、源義経の最愛の女性、静御前の悲しい伝説が語り継がれています。
「奥州」に落ち延びた義経を追いかけ、旅に出た静は、どこで聞き間違えたのか信州「大塩」に辿り着いてしまったのです。悲観のあまりその地で息絶えた静が持っていた杖が根付いて桜の大樹になったとのことだそうです。
「静の桜」はイヌザクラ。北安曇野の山々にようやく春が訪れる五月の始めに白く可憐な花を咲かせ、村人の心を和ませます。
これは昨年4月13日の写真です。今年はまだまだ雪の中です。きっとお花を見せてくれますのは、5月の連休の頃かと思います。

名称 大塩のイヌザクラ (おおしおのいぬざくら)
名称の典拠 現地の案内板
樹種 イヌザクラ
樹高 40m(注2) 今はもっと低い
目通り幹囲 8.0m
推定樹齢 伝承1000年
所在地の地名 長野県大町市美麻大塩薬師堂
 〃 3次メッシュコード 5437-67-31
 〃 緯度・経度 北緯36度32分02秒
           東経137度53分34秒
長野県指定天然記念物(1962年7月12日指定)

by nomiaruki | 2010-03-11 00:25 | 蔵元情報