<   2008年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

黒部ダムは紅葉始まり!



黒部ダムの放水は毎秒10立方メートル以上もの水量を吹き出す観光放水。晴れた日には美しい虹が見られます。いつ見ても素晴らしい迫力です。

b0140235_135129.jpg


扇沢から黒部ダムへ行くとひんやりとしますが、まだ紅葉は早いようです。しかし黒部平のほうまで上がりますと・・・
b0140235_138851.jpg


ナナカマドはほんのり色づいています。
b0140235_13907.jpg


ヤナギランの葉っぱはこんなに真っ赤です。
b0140235_1401684.jpg


長野県の県花、リンドウもひっそりと咲いています。
b0140235_1413321.jpg


紅葉は2000m位まで来てるように感じました。
来月の10日前後位が見頃でしょうか・・・

by nomiaruki | 2008-09-24 01:32 | 大町の風土  

最終実行委員会

b0140235_1121918.jpg


最終の実行委員会では、今回の開催時におけるお客様の声をそれぞれに発表し、一応実行委員会はこれで解散となりました。そしてスタッフの皆様で慰労会をしました。
これからも大町の発展のためには、三蔵の蔵元さんには頑張っていただきたいですね!
参加されたお客様のお喜びのお顔は、杜氏さんや蔵人さんが日頃直接お客様と接することがないので、大変嬉しかったと言ってられました。お客様と蔵元さんの距離が縮まったような気がしました今回の北アルプス三蔵呑みあるきは、大町を少しだけ元気にできたような気ます。
今回は初めてということで、管理人も取材がまちまちになり、皆様に不快な思いをさせてしまった事を深くお詫びいたします。

b0140235_1231985.jpg


大町は三蔵の蔵元さんがとっても仲良く協力されてます。今回はこの三蔵の社長さん方のご理解により実現できた呑みあるきでした。ありがとうございました。

*このブログは管理人の独断で申し訳ございませんが、大町情報としてゆっくり続けさせていただきますね!

by nomiaruki | 2008-09-24 01:28  

紅葉が始まりました!

b0140235_20415675.jpg


大町温泉郷から少し扇沢方面へ行くともう紅葉が始まっています。

b0140235_20421652.jpg


栃の実さんも落ち始めました。いよいよ秋本番の大町です。

by nomiaruki | 2008-09-19 20:44 | 大町の風土  

間に合わなかった取材!(柴田製菓舗)

b0140235_20273270.jpg


プルル~ン!として香り高い水菓子です。
本通り商店街御協力店の「柴田製菓舗」さんの呑みあるきの創作菓子の一つです。管理人は開催終了後にいただき驚いています。開催前にかなりバタバタして、お聞きしていましたお菓子の試食ができなかったんです。本当にごめんなさい。
この水菓子はよく市販されてる「酒ゼリー」なんかではすませたくないような美味しさです。大町の美味しいお水が強調された「お酒の雫」とでも言いましょうか。こんなに爽やかな甘味と生酒の香り高い水菓子は初めてです。冬の寒い時期でも十分に楽しめると思います。
b0140235_20344013.jpg

b0140235_2034553.jpg


もう一品、白あん、米粉、卵、酒粕、地酒を蒸しあげました上品なお菓子です。これも驚きです。
白あんがしっとり感をだすのでしょうか?程よい甘さ加減がたまりません。また素敵な包装紙も今回の呑みあるきのために作っていただきました。
どうもありがとうございました。この二品の創作菓子は是非大町の味として定番化されて欲しいと願います。

by nomiaruki | 2008-09-19 20:39  

ほろ酔い気分で花火です!

b0140235_035443.jpg


呑みあるきが終わると, 竈門神社の奉納花火でした。
街中から花火が見られるのも珍しいですね!

b0140235_039318.jpg

b0140235_0392228.jpg

b0140235_0393846.jpg
b0140235_0395459.jpg

b0140235_040616.jpg

b0140235_0402793.jpg


ほろ酔い気分で花火を見るのもいいものですね!

by nomiaruki | 2008-09-17 00:47  

北アルプス三蔵呑みあるき開催(街中は・・・)

b0140235_20462044.jpg


一木宮坂商店さんの店頭では、当日かまど神社のお祭りのため、佐久鯉を捌いてられました。開催時間にはもう捌かれた鯉は各ご家庭で調理されていたのでしょう。大町では鯉のウロコはとらないで、ただブツ切りにするそうです。甘露煮や鯉こくにされるようです。このあたりのお祭りは鯉なんですよね~。さすが信州です。

b0140235_2131757.jpg


あんドーナツで掲載させていただきました「藤長菓子店」さんはこんなに試食を出していただきました。

b0140235_21264373.jpg


いや~美味しかったです!管理人は各会場をまわりながら、実は試食をしていました(笑)
でも食べそこなったものがあります。

b0140235_21302065.jpg


「ウッ~~~!」残念です。早くに完売しちゃってました。カウベル立田屋さんのクレープです。この窓から買うんですよ、ケーキ工房が見えるから何ともオシャレですね!

b0140235_21324711.jpg


実は翌日買っちゃいました!これは売り切れるはずです。一度食べたらやみつきですよ~

b0140235_21335466.jpg


またこんなサービスをしていただいたのは、北安大國さん近くのお米屋さん「伊藤商店」さんです。安曇野産のお米はやっぱりメチャクチャ美味しかったそうです。御主人は「手が痛くなるほど作ったよ」ってお話しされていました。

b0140235_21372857.jpg


特産館さんでもおにぎりのサービスをされていました。やはりご飯を炊いても追いつかなかったようです。そして「日本酒ときどき和らぎ水」の効果もありました。
今回悪酔いされた方が全くなく、これは「おにぎり」と「お水」のお陰だと感じました。空きっ腹で飲むのと違い、御飯が胃腸を保護してくれ、和らぎ水が流してくれたのでしょう。「ほろ酔い気分!」というお客様が大半でした。

b0140235_21462522.jpg


コスモスが生け込まれたわちがいさん、夜になるとより素晴らしい雰囲気を出されていました。

b0140235_21484088.jpg


シンセサイザー奏者の影武者さん、最後の曲が「コスモス」とは素晴らしいパフォーマンスですね!

b0140235_21533217.jpg


栗材家具にこだわる「さすほん」さんでは、夕方5時から7時までモダンジャズのレコードコンサートをされました。管理人は行けなかったのですが、お客様から「ゆっくりさせてもらった!」というお言葉を頂戴しました。

b0140235_2157275.jpg


このようなテーブルの前でジャズを聴かせていただいたようです。

b0140235_220096.jpg


またいーずら特産館さんでは、金蘭黒部のお酒を使われました酒まんじゅうを蒸かしてられました。管理人はこの酒まんじゅうはノーチェックでした。美味しかったですよ~

b0140235_2232923.jpg


そして突然始まったパフォーマンスです。いーずら特産館さんの太田さんは尺八奏者なんです。若い女の子なんですけどね!長野県東京事務所の丸山さんと急にコラボを始めちゃいました。お話はしていたんですが、まさか本当にやっちゃいましたね!

b0140235_2261347.jpg


丸山さん太鼓の奏者ですが、今日はバケツとサランラップの芯です。これにはまわりのお客様も脱帽!いい喜びでした!
呑みあるきの原点のような気がしました。

b0140235_2284848.jpg


お客様からのいただいた写真です。こんなエノコログサを写真におさめたくなるような大町です。素朴でのんびりした町ですが、今回の呑みあるきにご協力くださいました皆様は、一生懸命御自分たちなりに考えて下さいました。夕食時でもきっと「うちは何をしよう?」なんて話題も出していただいたと思います。それも一つの楽しみ、そしてお客様をお迎えになられた時の楽しみ、喜びを感じていただければ幸いです。県外のお客様からは「大町の方はおもてなし上手ですね!」という言葉を何度も聞かせていただきました。このお言葉は大変な励みになりましたし、大町の皆様にもお聞かせしたかったです。どうもありがとうございました。

by nomiaruki | 2008-09-15 21:50  

北アルプス三蔵呑みあるき開催(三蔵)

b0140235_22534097.jpg


「お客様~~~!お楽しみいただけましたでしょうか?」この光景が見たかったんです!
皆様お楽しみいただけましたでしょうか。初めての試みで、どのような展開になるのか全くわからず、ただお天気を祈るばかりでした。小雨がパラツクこともありましたが、幸い傘もいらない状態で開催されました。思いもよらぬ利き猪口が早々に完売してしまい大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
b0140235_2258256.jpg


15時大町着の電車で、ドッとお客様がひとかたまりに下車され、利き猪口売り場へ行かれたのには驚きました。そしてすでに金蘭黒部・市野屋商店さんではこのように人だかりができていました。
b0140235_2334715.jpg


福島社長さん自らオリジナルのパンフレットを作成され、お客様を蔵の母屋の部分をご案内されてました。普段は一般の方は入れない貴重な場所です。

b0140235_2361889.jpg


この箱のようなものは、お嫁入りの時に使われるそうです。
お客様は何だかタイムスリップされたように歓声が上がってました。

b0140235_239969.jpg


村山杜氏さんもお客様に説明されながらお酒をサービスされてました。
b0140235_23152190.jpg


当日限定の10年古酒は落ち着いた旨味と香りで大人気でした。

b0140235_2311444.jpg


白馬錦・薄井商店さんでは、「ひやおろし」と(長期熟成大吟醸)「朋介」が評判がよかったようです。「ひやおろし」はスッキリと飲みやすいのに味わいがありました。

b0140235_2353243.jpg


また「朋介」においてはその名前の珍しさに興味が惹かれた方が多かったみたいです。社長さんのお名前が「薄井朋介」さんなんです。
b0140235_2318586.jpg



また昔から蔵内の厨房で野菜の切れっぱしで漬けられたと言われている伝統の「蔵漬」のサービスもありましたが、スタッフの方のお手製のミョウガ漬けは大変好評でした。夏ミョウガと秋ミョウガでは皮の硬さが違うのをご存知でしたか?さすがお漬物の事は信州人にはかないません。
b0140235_23231515.jpg


「お客様~!いかがですか~~~」

b0140235_23275729.jpg

北安大國・北安醸造さんでも盛況でした。この秋限定の摂氏三度低温熟成他、お燗のお酒、紫米のお酒とバリエーション豊かでした。また一升瓶に入った仕込み水も人気で、あっと言う間に無くなっていました。

b0140235_23381663.jpg


2階では日展審査員の木彫家「高橋貞夫」氏の木彫展「蔵人達と・・・」とを開催いたしました。蔵の重厚さが高橋氏の作品を浮かび上がらせ、幻想的な雰囲気でした。
b0140235_23431246.jpg


伊藤社長さんはお客様に蔵内のご案内をされ、普段は見られない「ヤブタ」やタンクをご説明されていました。
お客様と蔵元さんの関係は今までとっても離れたものに感じてましたが、少し縮まったような感じがしました。そして何よりもお客様も、蔵人さんもとっても楽しそうでした。
お酒は楽しく頂きたいものですね!
b0140235_20101113.jpg


山崎杜氏さんの笑顔がとっても爽やかです。日頃お客様と直接お話しをされることがないので、とても嬉しそうに見えました。ホントそうだと思います。お客様が美味しそうにお酒を飲まれていたり、蔵内を見学されてるお顔を見させていただきと、お酒造りにもハリが出るのではないでしょうか?お客様も蔵は閉鎖的だという意識がおありの中で、このように蔵内でお話しされるといい思い出になられたことと思います。
管理人がそうでありましたので・・・

by nomiaruki | 2008-09-14 23:28  

迫力の木彫です!

b0140235_059564.jpg


素晴らしい木彫です。
北安大国・北安醸造さん二階の蔵で、「木匠 安曇野」高橋貞夫氏によります木彫展「蔵人達と・・・」が開催されます。雰囲気のあります蔵での木彫展は、またとない機会です。
呑みあるき参加、不参加関係なく入場していただけます。また明日の日没ぐらいが一番雰囲気がいいのではないかと言われています。皆様ぜひ狙い目のお時間で足を運ばれてはいかがでしょう。

by nomiaruki | 2008-09-13 01:04 | 呑みあるきの見どころ  

助っ人登場!

b0140235_0381796.jpg


これは元祖「上諏訪街道呑みあるき」で有名な、松尾商店のキュウリの一本漬けです。
今回の北アルプス三蔵呑みあるきを開催するにあたって、背中を押していただいた上諏訪の実行委員様のお二人が本日駈け付けて下さることになりました。
宮坂恒太郎様(酒ぬのや本金酒造専務様)と、奥様の宮坂ちとせ様です。
ちとせ様のご実家「松尾商店」様のこのキュウリの一本漬けは上諏訪ではコピーが出るほどの人気です。本日限定で60本お持ち下さることになりました。
一本100円で横川商店にて販売させていただきます。そして本日「利き酒セット」と「なめこ汁」を担当していただくことになりました。
大町と上諏訪・・・
でもこれも繋がりから始まった御縁です。ちとせ様は2年前大町で春にあるイベント「お酒とお料理で遊ぼう会」で乾杯の音頭をとって下さった方です。それから管理人と御縁ができました。
人の繋がりって本当に大切なものと実感しました。もちろんこの大町の皆様には今回のイベントに御協力いただき、心より感謝いたします。
それでは本日はお楽しみ下さいませ。

by nomiaruki | 2008-09-13 00:57  

街中の様子!

b0140235_22142784.jpg


素敵でしょう!本当の「レトロ!」って感じですね~
九日町の「松直呉服店」さんは、明日だけの営業です。今日はまた一生懸命に店頭のディスプレイされてました。今回の三蔵呑みあるきで、少しでもお店をさわっていただきましたこと、大変感謝いたします。無理に、急にって言うことは大変な負担を伴います。お店の方ができる範囲で少しだけ前向きに考えていただけることが実行委員会の願いでした。
b0140235_22214114.jpg


お人形も素晴らしいですよ!チリメンの装飾品も飾られています。
b0140235_22234522.jpg



またお酒屋さんの「一木宮坂商店」さんでは、店頭に可愛らしい300mlのお酒がいっぱい並べられています。またPOPの字がとってもきれいなんです。
b0140235_22263587.jpg


「利き猪口見せてくれたらこのキャンディーをサービスするよ!」っと御主人さん。今日はお魚が入荷していました。そうです、明日は竈神社のお祭りなんですよね~
b0140235_22295014.jpg


これが信州なんです。今日は午前中に鯉を捌いてられたそうです。お祭りになるとスーパーでも鯉の煮付けが並びます。明日も捌かれるようですので、のぞいてみようかな?
b0140235_22322375.jpg


そして和菓子の「柴田製菓舗」さんでは「呑みあるき」だけの創作和菓子を作っていただきました。地酒と酒粕を使い、白あん、卵、米粉を蒸しあげられたこの日だけの限定販売です。
また地元作家さん、横田敬子さんの「オリジナルぐい飲み」を販売されています。

by nomiaruki | 2008-09-12 22:43 | 呑みあるきの見どころ