<   2008年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

蔵づくりどぶろく発売!

b0140235_10574184.jpg


11月中旬にタンクの中のどぶろくをこまめに見られる北安大國・山崎義幸杜氏さんです。

b0140235_1101689.jpg


いよいよ瓶詰めです。蔵人さんも事務員さんも皆さん総出の作業です。小さな蔵元さんですので、機会でという事はありません。

b0140235_1113948.jpgb0140235_1115232.jpg

一本一本丁寧に手作業で詰められていきます。

b0140235_112928.jpg


そして瓶火入れです。これをしないと醗酵が進んでしまいます。

b0140235_1133351.jpg


火入れをされたどぶろくは、最後にラベルと和紙のキャップで完成です。これも全て手作業です。
北安大國さんは今でも昔ながらのやり方で地道に頑張ってられる小さな蔵元様です。蔵の方々の温かさも一緒にお届けさせていただきます。
b0140235_0294927.jpg



原料米品種/産地 しらかば錦・一般米/長野県
精米歩合 70%
使用酵母 協会7号酵母
アルコール度数 12度以上13度未満
日本酒度/酸度 -25/1.8
価格 1,260円(720ml)

by nomiaruki | 2008-11-27 11:05 | 蔵元情報  

酒林作りが始まってます!

b0140235_2020147.jpg


北安大國さんの酒林が新しいものと変わります。
酒林とは秋、米の収穫が終わると酒造りが始まり、年末になるとその年の新酒が出来上がります。そして、酒蔵の軒先には杉の葉を束ねて丸く刈上げた「酒林」が吊るされます。青々としたそれは「今年も新酒が出来ました」という酒蔵から近所の人々へのお知らせでした。杉の葉が枯れ、茶色く色づいていく様は、新酒のフレッシュな味わいがこなれ、熟成された芳醇な味わいへの変化の過程をイメージさせます。
昨年作られました酒林を山崎義幸杜氏様ご自身で外されます。
「落ちないで下さいね~!」

b0140235_20225649.jpg


先ずは昨年の杉の葉をとるところから始まります。
いくつかの杉の葉を束にされ、それを何度も枠に差し込んでいかれます。

b0140235_2025999.jpg


b0140235_20255689.jpg


新しい杉の葉を、一昨年までの小谷杜氏「山田和男」さん作ってもらわれています。

b0140235_20282041.jpg


山田和男前杜氏さんはお元気そうで良かったです。小谷からわざわざご苦労様でした。
出来上がりましたら、新酒とともに蔵元さんのお玄関に飾られます。

by nomiaruki | 2008-11-26 20:29 | 蔵元情報  

お菜漬け最盛期!

b0140235_939768.jpg


今の時期大町のご家庭のお庭や軒下ではこのような光景が見られます。青い葉っぱは「野沢菜」で、大町では「お菜」と言われています。

b0140235_94206.jpg


こうやってお休みの日にはご家族総出でお菜がつけられます。洗い樽を3個程おいて、根元の泥から洗い流していきます。寒い季節に水仕事は辛い作業ですが、今は昔と違って随分と楽になったようです。

b0140235_9445027.jpg


昨日は「創舎わちがい」様と、「塩入家具」様の前でもお菜漬けが行われていました。実麻と八坂の皆様がお菜洗いをしていただき、皆さんで漬け込まれていました。写真は「創舎わちがい」様です。

b0140235_947894.jpg


見事なお菜ですね!先端の葉っぱの部分は切り落とされるんです。

b0140235_9492847.jpg


こちらは「塩入家具」様の前です。「大町水物語りの会」の堀堅一様は完全防備!
しかしそうでないとやっぱり大変です。
b0140235_9522619.jpg


こちらも見事なお菜ですね!

b0140235_9531948.jpg

b0140235_1004029.jpg


某雑誌記者・小松様も大ハッスルで漬け込まれていました。もちろん管理人も漬け込ませていただきました。
漬け込んだ後、うまく水か上がるかが心配なんです。
b0140235_9555696.jpg


漬け込む時には根元はこのように切り込みを入れます。

b0140235_9553375.jpg


「小松様~~~!その恰好じゃ大変ですよ~~~!」

by nomiaruki | 2008-11-24 09:58 | 大町の風土  

どぶろく発売間近です!

b0140235_2029135.jpg


北安大國さんのお庭には干しものがいっぱいです。「蔵が動いてる!」という感じですね~

b0140235_2037673.jpg


「蔵づくりどぶろく」の瓶詰めも終わり、いよいよ出荷間近です。裏ラベルを貼るのも手作業です。寒い場所でご苦労様です。

b0140235_20325954.jpg


三浦様が和紙キャップをされています。これは一本一本大変な作業です。

b0140235_20352178.jpg


お上手!!!
まさか男性がこのような作業をされていたなんて・・・


いよいよ北安大國「蔵づくりどぶろく」新発売です!

by nomiaruki | 2008-11-21 20:36 | 蔵元情報  

大町三蔵松尾様のお祭り!



昨日11月20日、大町市内はまだ雪が残っていました。街中では「えびす講」のお祭りが行われ、冬の準備に大忙しでした。
そんな中、大町市内にある国の重要文化財、若一王子神社境内に祀られている「松尾神社」で日本酒造りに携わる人々が集まり、松尾神社戻例大祭が行なわれました。 
 祀られている神様は、通称「松尾様」と蔵人達に呼ばれているお酒の神様で、全国の酒造りの土地に祀られているそうです。 
 市内には「白馬錦」「金蘭黒部」「北安大國」と3つの蔵元があります。 冬が近付き酒造りのシーズンになると、毎年、杜氏様はじめ蔵人様達が今年の酒造りの成功と安全を祈願されます。

b0140235_10353251.jpg

b0140235_10365423.jpg


神職の方が祝詞をあげられ、大町三蔵の杜氏様はじめ、蔵人様方が参列されました。そして各蔵元の杜氏様が玉串をあげられました。

b0140235_10405139.jpg


「金蘭黒部・市野屋商店」村山大蔵杜氏様です。

b0140235_10431388.jpg


「北安大國・北安醸造」山崎義幸杜氏様です。

b0140235_10455041.jpg


「白馬錦・薄井商店」松浦宏行杜氏様です。

b0140235_10515557.jpg


今年も安全に造りが行われ、美味しいお酒ができますように・・・
大町三蔵の杜氏様は皆様同じ年代の杜氏様です。よきライバルであり、お仲間です。今年も始まりました
大町の気候風土はとっても厳しいです。昼間でも蔵元様の床は凍りつく寒さでございます。そして北アルプスから流れ出る美味しいお水は何のさわりもない美味しいお水です。このような風土で醸されますお酒は香り高く美味しいお酒になってまいります。各蔵元様12月上旬より「しぼりたて新酒」が発売されます。どうぞご期待下さいませ。

b0140235_10542373.jpg


またこちら「松尾様」ですが、京都の「松尾大社」なんです。管理人は京都ですから、毎年初詣に参拝させていただいています。よろしければこちらからどうぞ!

by nomiaruki | 2008-11-21 10:24 | 蔵元情報  

大町のえびす講(西宮神社・カウベル立田屋)

b0140235_225262.jpg


今日は大町の「えびす講」の日です。
えびす〈恵比寿、戎、夷とも書く〉、大黒天、毘沙門天、弁財天、布袋(ほてい)、福禄寿(ふくろくじゅ)、寿老人(じゅろうじん)を七福神といいます。そのうちの恵比寿神を祀る行事で、地方によって違いますが、陰暦十月十日、十月二十日、十一月二十日、一月十日、一月二十日などに行います。
■えびすは兵庫県西宮市の西宮神社の祭神で、大国主命とか、事代主命(ことしろぬしのみこと)、あるいは蛭子(ひるこ)を祭り、商売繁盛の神として広く信仰されています。
大町では八日町の西宮神社で開かれるえびす講大祭に合わせ、商売繁盛の願いを込めた商業者のお祭りです。昭和5年(晴れ)の日に、大町「若一王子神社」の神職・竹内宮司様・他三名様が兵庫県西宮神社より社寺を分けていただかれるお祭りをされた後に大町に戻って来られました。
b0140235_22561790.jpg


大町と関西が繋がってるとは思いませんでした。京都では「えべっさん」と言って、新年の1月10日なんです。十日戎と言って笹に縁起物を飾り付けて持ち帰ります。こちらでもこのような可愛らしい笹を販売されていました。

b0140235_230851.jpg


お水の豊富な大町らしく、立派な手洗い場です。

b0140235_232013.jpg


そして雪国らしく焚き火ができる穴を作られています。とっても暖かいですよ。
えびす講といえば「立田屋さんのドーナツ!」って言うほど皆さん良くご存知です。

b0140235_2355020.jpg


カウベル立田屋さんの店頭では、原社長さんが自らドーナツを揚げてられます。あまりの手早さに見ているだけでも楽しいですよ~。

b0140235_23121089.jpg


早く揚がるのに中までしっかり火が入ってフワフワなんです。きっと油の温度とタイミングが大切なのでしょうね!

b0140235_23124544.jpg


中はまるでケーキのスポンジのようにフワフワです。そして油切れの良さには驚きました。

b0140235_23134819.jpg


サラリとした餡が入った餡ドーナツはいくつでも食べられそうです。
次回は来年の2月「あめ市」の時です!皆さんお楽しみに~~~

by nomiaruki | 2008-11-20 22:56 | 大町の風土  

雪です!

b0140235_031108.jpg


大町の街中に今年初めて積雪がありました。いよいよ冬将軍の到来です。
皆様お車の運転は御注意下さいね!

by nomiaruki | 2008-11-20 00:34 | 大町の風土  

冬の準備!

b0140235_0331963.jpg

大町ではごく当たり前の光景なのでしょうが、管理人は京都出身ですので、なんとも不思議な光景でした。でもいつの間にかこの土地になれ親しみ、とうとう経験してしまいました!
b0140235_0355852.jpg

県外者でもある私が野沢菜を漬けたのでした。でもちゃんと食べられるのか心配ですが・・・
b0140235_037548.jpg

「冷た~~~い!」長野の方達はこんな冷たい水で野沢菜を洗ってられるんですね!これも冬の準備なのでしょう。しかし食生活や時代の変化で漬ける方も少なくはなってきているようです。
でもやっぱり昔からの食べ物は残していきたいものですね。
b0140235_0372154.jpg

しばらく乾して水切りをした後、樽に漬け込みました。
b0140235_0405373.jpg

「やった~!」っと思ったのですが、お家の方に笑われました。
「漬物石にナイロン袋はいらね~だ!」
そうなんです、この感覚はまだまだ県外者?

by nomiaruki | 2008-11-19 00:37 | 大町の風土  

晩秋の大町

b0140235_20313496.jpg


大町は最終の里紅葉になってきました。

b0140235_20325429.jpg


大町郊外を走っていても何となく寂しげです。

b0140235_2033520.jpg


高瀬川から見る景色ももう冬の景色のようです。でもここ何日かで北アルプスの雪は消えちゃいましたが、そろそろ今年初の冬将軍がやってきそうですね!

b0140235_20354231.jpg


そして待ちに待った「フジりんご」の美味しい季節のなってきました。大町の皆さんはこの「フジりんご」を「シャリ!」っといわせて食べられるのがステータスです。これが一番の贅沢なのでしょう。

b0140235_20385539.jpg


この頃になりますと、各ご家庭ではそろそろ「お菜漬け」が始まります。
「お菜」とは野沢菜の事で、信州の人達はこの時期に漬け、3月頃には食べ終えられます。3月頃の酸っぱくなった野沢菜は、水に漬けたりして塩抜きされ、佃煮や油炒めで食べられます。

b0140235_20422172.jpg


九日町の大谷書店さんではもうクリスマスのディスプレイが始まりました!一番のりですね~

by nomiaruki | 2008-11-15 20:43 | 大町の風土  

こだわりのブルーベリーパイ!(カウベル立田屋)

b0140235_20561969.jpg

b0140235_20323526.jpg


カウベル立田屋さんが新しい焼き菓子を発売されました。
大町産のブルーベリーを使われました「ブルーベリーパイ」です。甘さ控えめながら、香りよい大町産のブルーべりーがたっぷりと入っています。オリジナルのジャムは、立田屋・原宏幸社長さんの自信作です。個別包装されていますのでご進物には最適でしょう。

b0140235_20325776.jpg


パイひとつの中に大町の風土がいっぱい詰まっています。

b0140235_2039046.jpg


また横川商店では長期熟成味噌を使っていただきクッキーを原宏幸社長さんにお願いしていました。長い月日をかけられまして本日かたちにしていただきました。熟成香を最大限にいかしていただき、驚くような香ばしさを感じるクッキーです。この先お話をさせていただき、商品化になりましたら嬉しです。このクッキーのこだわり、ブルーベリーパイのこだわり、これは甘味ひとつとっても凄いものだと実感した次第です。量販でなく、一つ一つ手作りのこだわり、そして商品になるまでの過程は大変長い時間を要する事を実感しました。素材を大いにいかされ、また丁寧な仕上げはあきることのないお菓子に仕上がります。

072.gifそして立田屋さんから秋のご案内です!072.gif
えびす講のご案内
11月15日(土)~11月20日(木)
恒例のあんドーナツとソフトドーナツを店頭販売されます。できたてのホカホカドーナツをお召し上がり下さいね!067.gif
そして大人気のクレープも同時販売されます。

060.gif秋のコンサート Trio Ban(トリオ バン)060.gif
ピアノ:秋山 美恵子  ヴァイオリン:谷口 雅江  チェロ:阿達 章子

11月23日(日) AM:11:00~    PM:3:00~ (二回演奏)
曲目060.gif「氷上の音楽より」 アッラ・ホーン・パイプ ヘンデル
060.gif「サウンド・オブ・シングス」より マイ・フェバリット・シングス ロジャース
060.gif「冬のソナタ」より はじめから今まで リュー
060.gif赤とんぼ
060.gif各ソロ曲  他

056.gif素敵なハーモニーを美味しいお菓子とご一緒にお楽しみ下さいませ。

by nomiaruki | 2008-11-13 21:03