<   2009年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

お着物で呑みあるき!「小ずく屋本舗」

b0140235_2037929.jpg


b0140235_20385756.jpg


九日町の和装小物「小ずく屋本舗」さんが、呑みあるき当日に「レンタルの着物を」着付け貸し出しして下さいます。まずはご一報で、お着物と帯をお選びくださいね。

●着物用ランジェリーと足袋はお持ち下さい。
●草履も少しは貸し出ししていただけます。
●着物の柄は先着順にお選びいただけます。
●呑みあるき当日は、貴重品以外の荷物はお預かりしていただけますが、全部入る袋をお持ち下さいね!

大町の町並みは和装がよく似合います。
蔵元さんの中で、また金蘭黒部・市野屋商店さんの「なまこ壁」など、大町には写真のスポットが沢山あります。ぜひこのご機会にご利用下さいませ。

ご連絡先 小林
大町市九日町(セブンイレブン南隣)
TEL 090-5823-2125

by nomiaruki | 2009-08-31 20:46  

街中の八百屋さん

b0140235_2017518.jpg


街中の八百屋さんの店頭に赤いものが並ぶようになりました。
地元産の信州りんご「津軽」ですが並んでるのは「よしざわ青果店」さんです。
大町は寒暖の差がとっても大きいので、甘味と酸味のバランスがとってもいいんです。

b0140235_20195771.jpg


今日はこんな立派なネクタリンが長野から入荷していました。

b0140235_2020449.jpg


「金原青果店」さんでも津軽が並んでいます。

b0140235_2022158.jpg


呑みあるき情報も横に並べていただいてます。
ありがたいことです(*^^)v

b0140235_2023996.jpg


「あ~~~瓜!」
今年は瓜が不作だったのですが、今頃になって出てきました。
食料品の「ヤマトヤ」さんは突然お買い得物や、珍しいものが店頭に並ぶんです。
管理人は必ず通ると見ていきます。
この瓜は大町の方々は地元の漬け粕で漬けられるんです。
b0140235_2027383.jpg


このあいだ北安大國さんでも漬けられましたね!
このように大町のご家庭では、樽の中の瓜が美味しくなろうと漬かっています。
呑みあるき当日もきっとどこかで試食していただけるでしょう。

b0140235_20292759.jpg


ヤマトヤさんが作っていただいた情報板が大人気のようです。ありがとうございます。
各御協力店の皆様、バックナンバーがご要り用でしたらご連絡下さいね!
印刷してすぐにお持ちいたします。
携帯【090-4623-2584】実行委員会専用

by nomiaruki | 2009-08-31 20:33  

松本でも大人気!「豚のさんぽ」

b0140235_8275070.jpg


最近大町駅前で見ないと思ったら・・・、松本に出張中でした!

b0140235_8445213.jpg


ご協力店さんの「豚のさんぽ」さんです。
松本で本日まで開催中の「サマーフェスト2009 」でご出店されてるんです。 

b0140235_8454241.jpg


管理人はこってり系が苦手なので、あっさり系の「煮干し醤油味」をお願いしました。
イメージしてたのとは違うコクのある中でもあっさりといただきました。
中のチャーシューがメチャクチャ美味しかったです。
これは松本・安曇野での人気ラーメンのお店「凌駕さん・寸八さん」そして「豚のさんぽ」さんのコラボだそうです。
管理人が関西に帰っても、やはり信州のラーメンと言うのはとってもレベルが高いと聞いています。

b0140235_8543177.jpg


この日は社長さん自らお鍋を振ってられました。

b0140235_8553778.jpg


こちらは豚のさんぽさんでご提供されている「豚の角煮」だそうで、ちょっとお味見させていただきました。
お箸でつかめないぐらいトロトロで、脂身も全く気にならなかったです。
濃い口醤油での味付けかな?って想像していましたが、本当にサッパリといただける角煮でした。
これらは大町駅前の「豚のさんぽ」さんでいただけます。

b0140235_8591879.jpg


サマーフェスト開催中10日間、大町から松本まで参戦されたことは凄いですね!
是非呑みあるき当日も駅前で「豚さん」が待っていてくれると思いますよ~
b0140235_911594.jpg


「ブヒブヒ!」

by nomiaruki | 2009-08-30 09:01  

利き猪口袋生地追加です!

b0140235_822919.jpg


当日の参加証であります「利き猪口」を先行販売してるのですが、おばあちゃんが作っていただいてる利き猪口袋の生地柄に偏りが出始めようとしています。当日参加のお客様にも同じようにお選びいただけますよう、追加で調節していきたいと思います。どうぞご安心下さいませ。

by nomiaruki | 2009-08-30 08:25  

呑みあるき限定のお菓子企画中!

b0140235_21415426.jpg


本通りの「柴田製菓舗」さんが、今年も呑みあるき当日限定のお菓子を考えていただいてます。

b0140235_21463017.jpg


三蔵吟醸ゼリーです!
昨年も少量でしたが、「金蘭黒部」の生酒を使われたゼリーを作っていただきました。
ラベルも手作りで素敵ですね~

b0140235_21522386.jpg


こちらは昨年の酒粕を使われました蒸し菓子を、ご贈答用に考えてられます。
柴田製菓舗さん、楽しみですね!
呑みあるき当日は店頭にも売り場を設けていただけるそうです。

by nomiaruki | 2009-08-28 21:56  

実行委員会「具体的な決めごと③」

昨日実行委員会が開催されました。
前回に引き続き、より具体的な決めごとを話し合いました。


①ポスターチラシについて
在庫にあるポスターやチラシを貼っていただける方々にお声かけする。


②お猪口販売について
●現在200個強程売れている。
●創舎わちがい、いーずら大町特産館、横川商店で状況を把握し、生地の柄が平均に渡るように心がける。

③備品について(確認)
●マップについて
「公式マップ」は半分以上仕上がっていて、裏面には各御協力店さんが掲載できるようにレイアウトする。
また酒販店は会場周辺、またはご協力店さんは全て記載するようにする。

④各蔵の対応について
●金蘭黒部・市野屋商店
蔵元特製お漬物のサービス・昨年同様蔵敷地内を御案内(17時まで)
白馬錦・薄井商店
蔵元特製お漬物のサービス
北安大國・北安醸造
日本版画院・同人・評議員「羽田智千代(ハタトシチヨ)」さん版画展 ・蔵元特製お漬物のサービス

⑤当日各蔵の人員について(試飲・案内・雑用・連絡係)
●蔵元までの道のりは参加者の皆様の流れでわかるのではないか?そうすると日没後の道路の安全個所に人員を配置する方がいいのではないか?
●やわらぎ水として「水飲み場所」をわかるように、ご案内を掲げるようにする。
蔵元三社・いーずら大町特産館前創舎わちがい塩入家具さん・九日町お稲荷さん・一木宮坂商店さん・横川商店
b0140235_16535239.jpg


またこのようなご案内を掲げる
●各蔵元の出品酒がわかりましたが、お楽しみです!

⑥当日の交通誘導について
日没前後を特に注意するようにする

⑦当日の利き猪口販売について
先行販売でどれぐらいの参加者があるか、それにより調節する。
昨年のように売り切れることがないように気をつけたい。

⑧その他
ご協力店さんから企画や特典の情報をできるだけ早くいただければ嬉しい。
また「呑みあるき情報」を頑張って配布し、参加者の皆様、ご協力店さんに他の情報をお伝えするように心がける

by nomiaruki | 2009-08-27 16:59  

秋のお酒・湖洞搬出作業「白馬錦・薄井商店」

b0140235_23163111.jpg


秋の風を感じるようになると、夏越しのお酒「ひやおろし」のシーズンです。
白馬錦・薄井商店さんでは、北アルプスの麓のダム湖の湖洞で「特別純米酒・ひやおろし」を貯蔵されています。

b0140235_23192676.jpg


今日は朝早くから、松浦杜氏さん始め、蔵人さん皆さんが総出で搬出作業をされました。

b0140235_2320587.jpg


b0140235_23223515.jpg


b0140235_23225027.jpg


今日の大町市内は結構暑かったのですが、湖洞内は14℃程でした。
こちらの湖胴で生貯蔵されていました。

b0140235_23245869.jpg


松浦杜氏様がテキパキと荷台に積み込まれます。

b0140235_23263834.jpg


そしてトンネルの外で待機されてるトラックに手早く積み込まれます。

b0140235_23273693.jpg


生貯蔵ですから急がないといけません。
皆様とっても手早い作業でした。

b0140235_23284024.jpg


「白馬錦特別純米酒ひやおろし」は9月9日発売です。
呑みあるき当日にはもちろん出していただけるようです。

b0140235_23301283.jpg


松浦杜氏さんも嬉しそうです。
この笑顔がお酒の味わいを物語ってるようですね!

b0140235_23312861.jpg


実はこの作業、カモシカさんも見守ってくれていたようです。
発売開始まで今しばらくお待ち下さいませ。

【ひやおろし】

日本酒は通常、貯蔵前と瓶詰め前の2回の火入れ(加熱殺菌)を行いますが、ひやおろしの場合は貯蔵前に1度だけ火入れを行い、出荷時は火入れを行いません。生(ひや)で瓶詰めをすること、また秋から冬の冷える季節に出荷されることから「ひやおろし」と呼ばれています。

by nomiaruki | 2009-08-26 23:35 | 蔵元情報  

人気の利き猪口袋!

b0140235_1562165.jpg


先行販売中の利き猪口袋です。こちら「いーずら大町特産館」さんでは、それぞれに雰囲気がわかるように吊るされています。これもアイデアですよね!

街中のご協力店さんも色々と考えていただいてます。

b0140235_1513778.jpg


食料品の「ヤマトヤ」さんも、このように「呑みあるき情報」看板に貼り付けてたてていただいてます。
呑みあるき当日はもしかしたら地元のキノコが出るかもしれませんね!

b0140235_15194339.jpg


「金原青果店」さんでもこのように持ち帰りしやすいように箱に入れていただいてます。
こちらも呑みあるき当日には地元のリンゴが並ぶかもしれませんね!
ご協力店さんも色々と工夫して頑張っていただき、実行委員も励みになります。
皆様本当にありがとうございます。

by nomiaruki | 2009-08-25 15:25  

秋の焼菓子です!「信濃おやき 幸庵」

b0140235_0375060.jpg


秋の風を感じるようになると焼き菓子が食べてくなりますね!
新しいご協力店さんの「信州おやき 幸庵」さんです。
普段は工房ですが、販売もされています。(おやきは冷凍です)
こちらは世紀の大工事といわれた黒部ダム建設を映画化した「黒部の太陽」に描かれた人間の熱い心を永遠にと誕生したお菓子「黒部の太陽」です。


b0140235_0424671.jpg


香ばしくいった大麦を粉にしたもので焼かれ、中にはホッコリとした栗餡が入っています。
焼き上がった「黒部の太陽」は香ばしく、そしてどこかなつかしい麦の素朴な香りがただよいます。 

b0140235_0442323.jpg


地元の女性の方々が一つ一つ丁寧に焼かれています。

b0140235_046307.jpg


呑みあるき当日は、いつも冷凍で販売されてるおやきは、食べ歩きできるように交渉中です。
大町の美味しい水と小麦粉を天然酵母で醗酵させた生地を使ったおやきは、もっちりとした食感と香りの良さが特徴です。

大町市九日町(白馬錦薄井商店北)

by nomiaruki | 2009-08-24 00:50  

秋を感じます!

b0140235_15332628.jpg


大町はお祭も終わり、短かった夏も終わろうとしています。
町中からちょっと足をのばすと、もう秋の風が吹いています。
ススキの穂が沢山出始めたり・・・

b0140235_1536241.jpg


オニグルミの実もこんなに立派になりました。
クルミ類は、この実の種が皆さんよくご存知の「クルミ」なんです。桃の種の感覚ですね!

b0140235_15381594.jpg


「立山黒部アルペンルート」の扇沢までの道路沿いの大きな栃の木です。

b0140235_15392782.jpg


そろそろこちらも実を落とし始めています。
大町の夏は本当に短いですが、町の方々はこの時期に一生懸命お野菜を作られます。
冬食べたり、あげたりするためのお漬物用です。もちろん新鮮なままでいただくこともありますが、とっても上手に保存食にされるんです。
呑みあるき当日もきっと皆様頑張って下さると思います。
都会では味わえない地元の味わいは、大町市内の飲食店さんでもお召し上がりいただけます。

by nomiaruki | 2009-08-21 15:43 | 大町の風土