柴田製菓舗さんの飴造り始まる



画像が横になってしまってすみません。
柴田菓子舗さんが飴市で販売されます飴を作られています。こちらは出来上がりました飴に白ゴマを加えられ、伸されているところです。空気に触れて白っぽくなるんです。

柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_15282987.jpg


柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_15285389.jpg


柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_15304177.jpg


こちらが元になります飴です。水飴や黒砂糖をブレンドされ、三段階に煮詰めていかれます。
炭を使われているのには驚きました。

柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_1534219.jpg


できあがった飴に白ゴマを入れられ、氷水で冷やされながら固められていきます。

柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_15405734.jpg


この時の冷まし具合いが経験なんでしょう。ほんの一瞬氷水にクルクルっと回されてサッとあげられるんです。「勘」というものなのでしょう。職人さんですね!

柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_1542164.jpg


どんどん固まっていきます。

柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_1543775.jpg

柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_15441856.jpg


このあたりまで固まると、動画のような作業に入ります。

柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_15453477.jpg


柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_1546653.jpg

柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_15463447.jpg


伸ばされてはクルクルッと、また伸ばされてクルッと、そして二つに分けられます。
柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_1548392.jpg


二つに分けられたものを、今度はお二人で伸ばされていきます。

柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_15491223.jpg


そしてようやく板の上でカットされていきます。
ここまでの速さがなんと10分あるでしょうか・・・
皆様の手早さとチームワークが素晴らしいです。
この日は柴田菓子舗さんの御主人さん、そして村田菓子店さんの御主人さん、まるき立田屋さんの御主人さん、そして若い頃、柴田菓子舗さんで修業されてられた塩尻のお菓子屋さんがお手伝いに来てられました。何だかとっても微笑ましい光景でした
柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_15562643.jpg

柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_15593930.jpg


また豆板のほうも、出来上がりました飴にピーナッツを入れられるんですが、この時に急に温度が下がらないようオープンで温められています。このこだわりも凄いですね!

柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_1613833.jpg


こちらも氷水で冷やされながら、混ぜ合わせていかれます。かなり手が熱くなる作業のようです。

柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_1622643.jpg


ある程度固まれば4人の皆様がいっせいに伸ばされていかれます。
この時の素早さも凄かったです。

柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_165720.jpg


伸ばされた飴が平たんになるように瓶の側面を使われて伸ばされています。

柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_1662523.jpg


できあがりました豆板は冷やし固められます。この時期、極寒の大町では冷やす事は簡単な事でしょう。

柴田製菓舗さんの飴造り始まる_b0140235_16152691.jpg


このように二種類の飴作りが行われていました。
口数は少ない皆様ですが、それぞれの作業をされる動作に全くの無駄がなく、暗黙の了解で作業が続けられていました。肝心な時には皆様サッと協力され、また個々の作業につかれます。
まさに「職人技」っていう光景を目にするという、貴重な体験をさせていただきました。
今日作られてます飴は袋詰めにされ、2月上旬には発売だそうです。
店頭に置かれましたら、また御案内させていただきますね!
by nomiaruki | 2009-01-27 15:14

北アルプス 三蔵呑み歩きに向けて当店の「企画&商品のご案内」をさせていただいてます。


by 横川商店