お酒の勉強会

お酒の勉強会_b0140235_2013796.jpg


今日はお酒のセミナー「清酒の品質管理ときき酒」というとってもありがたい講習会がありました。
北安曇小売酒販組合様が、独立行政法人酒類総合研究所・宇都宮仁先生をお招きしての開催でした。

お酒の勉強会_b0140235_2023521.jpg


北安曇小売酒販組合の吉澤会長様のご挨拶で始まりました。
右横は北安大國 北安醸造・伊藤社長です。

お酒の勉強会_b0140235_204273.jpg


お酒の勉強会_b0140235_2041977.jpg


北安曇野から酒販店が大勢来られてて、日本酒を提供される方々の熱心さを感じました。また飲食店様が大変多く、これからの時代はご提供される方々の意識レベルの高さも痛感しました。
テキストの内容も大変興味深く、特に今回は「劣化」と言うテーマが非常に興味深いものでした。

お酒の勉強会_b0140235_2051718.jpg


こちらは生酒を30度で約1ヶ月保存したものです。
酵母が生きているせいか甘味が増していますが、やはりとても飲めたものじゃなかったです。特に吟醸酒であれば繊細なバランスも崩れやすく、フルーティーな香りは失われるようです

お酒の勉強会_b0140235_2062325.jpg


こちらは45度で4週間保存された清酒です。1年半置かれてるのと同じ状態のようです。
こちらの色も黄色くなっています。アミノ酸と糖を加熱すると着色し、焦げた匂いとなります。温度が10度高くなると科学変化の速度は2倍~3倍になるそうです。

お酒の勉強会_b0140235_2065978.jpg


こちらは「光」により劣化したものです。透明瓶に入れて日光を3日間当てられました。色は短時間で変色し、香りはけものの様な匂いがします。味わいは苦味が増しています。
これらは、清酒に含まれていますたくさんのアミノ酸やビタミン類の一部が光により変化し、色や悪い香味となるためです。

お酒の勉強会_b0140235_207080.jpg


このあと北安曇野の普通酒の利き酒の仕方をシートを使って勉強させていただきました。人それぞれのお酒の味わいの感じ方はやはり違うものがあり、日本酒の奥深さをひしひしと感じました。
by nomiaruki | 2009-03-13 20:08

北アルプス 三蔵呑み歩きに向けて当店の「企画&商品のご案内」をさせていただいてます。


by 横川商店