上諏訪街道呑み歩きが変わった~!

b0140235_09380541.jpg
「上諏訪街道呑み歩き」の「酒ぬのや本金酒造」様のフィナーレのシーンです。近年県内で「呑み歩き」イベントは多く、ドンドンと各地で開催されています。元々はこちら「上諏訪」での開催が始まりだと思っています。「呑み歩き」って何なんだろう?このイベントを通じて、「日本酒」と言うものに興味を持っていただくこと。日頃お話しできないお蔵様の杜氏様、蔵人様とお話しでき、お酒の造りの事や、味わい等に興味を持っていただけるようにと・・・、そしてお蔵様、そこにいらっしゃる「蔵人さん等」のファンが出来ると言うことがこのイベントの主旨だと考えていらっしゃるはずです。それがどうでしょう?いつの間にか「呑み放題イベント」と勘違いされ、泥酔状態・・・、そして転んでケガ・・・、まだ命を亡くされるような事故はないものの、そうなってしまったらこのイベントも出来なくなってしまうかもしれません。地元のお酒と地場産の産物がご案内され、町が活性されていく・・・、理想ではありますが、せめてほろ酔い気分で町の居酒屋さんで飲み直していただきたい・・・、そんな願いはnonkoの我が儘でもあるかもしれません。今回の「上諏訪街道呑み歩き」の実行委員会の皆様も、今までから色々な試行錯誤をされて来ました。苦肉の決断であると思います。内容はこちらでございます。
【http://nomiaruki.com/wp/wp-content/uploads/2013/12/8253786bdbed9b72bcb46f21fa9e6e99.jpg】
b0140235_09383082.jpg
やはりアクリルタイプの枡は不評だったんだ~、呑み難そうでした・・・
b0140235_09405423.jpg
nonkoがお手伝いさせていただいてる「酒ぬのや本金酒造」様でも、近年は「振る舞い」はなく、タイミングを見ながら「若女将ちとせちゃん」が焼かれたシフォンケーキを出されていたぐらいです。会場内には軽食などの露店は結構ございますが、そのほとんどは市内の飲食店様によるものです。呑み歩き実行委員会で何が話されているかが良くわからず、当店企画もどの方向でもって行けばいいのか思案中でございます。今までは店主と話をし、呑み歩きに関しては当店独自の企画でやってまいりましたが、市内の飲食店様のお声を色々お聞きさせていただくと、やはりもう少し考えなければいけないな~と思います。呑み歩きイベントを「呑み放題」と勘違いされることが一番の問題であり、もう少し「人」の成長を望みます。お客様との「声の掛け合い」、一番大切な事だと思います。目に見えない一番大切な「おもてなし」だと思いのですが・・・

by nomiaruki | 2018-07-03 10:05 | ご案内  

<< 今年の「北アルプス三蔵呑み歩き... 今年の「北アルプス三蔵呑み歩き」 >>